2006年07月09日

■漆畑の草刈り。


きょう、松本和明が高松の実家の仕事場に行ったついでに、五色台(高松市と坂出市の中間にある山)の漆畑に行ったそうです。そこは、2002年の春から漆の植栽をしているところ。しばらくのぞいてなかった間に、漆の木は驚くほど大きくなっていたらしく、この畑の木よりも年長さんの、工房の庭の木よりも調子がいいみたいです。(残念ながら、写真は撮ってないそう)
雨もそこそこ降ったし(渇水の地です、香川県)そのおかげかな? それになんと言ってもここの山の土がよいのでしょう。(工房の庭は、もともとかこう土だし…)

松本は、ついでに草刈りしてきたそうです。(油断すると“草”とは言えないほど巨大化するのです…(^_^;) ダッシュ(走り出すさま)

「漆の木に向いた土地は?」となると「肥えていて、水はけや日当たりがほどよい場所」と答えることになります。同じことを昔、漆掻き職人さんが言っていたのですが、最近それを実感するようになりました。

また、この五色台の畑の写真をアップしますので、見て下さいね。(^▽^)


7/9/ミルミル
それにしても、このブログの目立たない(?)ランキングボタンを押してくださってるのは、どなたなんでしょうか。 ネットの世界はリスクもあるけど、いろんな出会いをもたらしてくれるのがうれしいです。(*^ ▽^*) 
これからも、がんばりますね。

ランキング参加中、毎日ムード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/952146

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->