2014年05月25日

■南鴻沼遺跡の日本最古の採取跡入りウルシの木を見てきました。

さて、今回の出張の時に足を伸ばして松本はさいたま市へ行っておりました。
いま話題の日本最古のウルシの掻きがらの木を見るためです。

東京都東村山市下宅部遺跡(縄文時代後期)、西吉見町条里遺跡(古墳時代)と古い時代のウルシの掻き傷のある出土品を見させていただきましたが、こんなに古いものと出会えるなんてうそのようです。※西吉見町条里遺跡のレポはこちら

バッド(下向き矢印)会場の与野文化財資料室。
南鴻沼遺跡速報展1
南鴻沼遺跡(みなみこうぬまいせき)
所在地はさいたま市中央区大戸1丁目、調査期間は平成23年11月〜平成25年3月、調査主体はさいたま市遺跡調査会の遺跡です。
JR浦和駅から北に約600mのところにあり、鴻沼川東側の台地下に広がる低湿地にあります。
古くから長い年月をかけて、長期間人が住んだ形跡のある遺跡のようで、いろんな時代の発掘物が出てくるんだそうです。

平日でしたが、熱心な考古学ファンの方がたくさんいらしてました。


さて… 今日のお目当てです。

南鴻沼のウルシの木出土品1
こ、これが4900年も前の…。(ゴクリ)ほんとうによく残ったものです。
南鴻沼のウルシの木出土品2
まだ保存加工はしていないみたいです。
今回、掻き傷が確認できたウルシの木は、残存する長さが113cm、太さ2.5cm〜3.5cm。
放射性炭素を用いた年代測定の結果、今から4903〜4707年のものとわかりました。
また、この測定結果と出土した土層などから、ウルシの木は縄文時代中期後半のものと判明したそうです。



バッド(下向き矢印)漆掻き部分のアップ。
南鴻沼のウルシの木出土品

木製のものは、大半が消失して残りにくいものなので… ほんとうに奇跡ですね。ぴかぴか(新しい)
東村山市下宅部遺跡で、縄文時代後期のウルシの木を見た時は感動しましたが… それよりさらに古いものが確認できて、ビックリです。
実際は残っていないだけで、もっともっと古くからウルシの木と人は暮らしていたのかも?と夢ふくらみます。ハートたち(複数ハート)



バッド(下向き矢印)ちなみにこちらが東村山市下宅部遺跡のウルシの木。
東村山市下宅部遺跡のウルシの木
縄文後期〜晩期のものです。しっかりと掻き傷がありますね。
当時の取材レポをさがして、西吉見町条里遺跡と並べてリンクを貼ろうと思ったんですが… え〜うそ?ない!がく〜(落胆した顔)
古すぎて、この日記には入ってないみたいです。(取材が2004年10月、この日記がスタートしたのが2006年4月…、そうかもう10年前なのか;;)
…今さらですが、また機会を見て追加しなければ〜。

南鴻沼遺跡

この南鴻沼遺跡は、低湿地で「泥炭層遺跡」と言われるものだそう。
厚く積もった植物由来の泥炭層に、縄文時代の人々の生活の痕跡がタイムカプセルのように良好な状態で保存されているんだそうです。
下宅部遺跡、西吉見町条里遺跡で出土したウルシの木は「杭」でしたが、この南鴻沼遺跡は「杭」ではなく、寝た状態での出土だったので、地層の圧力で丸い木が圧縮されて楕円になっていたんだとか。あせあせ(飛び散る汗)

ほか、漆塗りの櫛、飾り弓、木製容器の破片などが出土されています。
…きっと私たちの祖先の当時の縄文の人々が、安定した暮らしを長らく続けてこられた豊かな地だったのでしょうね。
塗りの技術もそうですが、漆の栽培、樹液の採取などといった技術の伝承は、安定した地盤の上で行われたと思われるのです… 当時は文字がありませんから口伝ですよね。
私たちの祖先、確かに存在して強く豊かにそして美意識高く生きた私たちの原点、と思うと心が熱くなります。黒ハート

学芸員さんがいらっしゃらなかったので、詳しいことが聞けなくて残念でしたが、縄文人の今の私たちと同じ仕事を見ることができて、満足でした。わーい(嬉しい顔)


バッド(下向き矢印)この速報展は終了しましたが、こんどはこちらで見る事ができます。

「さいたま市立博物館 平成26年度収蔵品展」
会場/さいたま市立博物館 1階 特別展示室
会期/平成26年6月3日(火)〜8日(日)※ウルシの木の展示期間です。



いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) |   漆の出土品について
この記事へのコメント
漆と人々の関わりは,ほんとに長いのですね。
掻き傷をつけた人の石器をもつ指先がイメージできそうです。
泥炭層と聞くと,ジメジメして腐敗がはやそうですが,
逆なのですね。よく残ってくれました。
詳細なご報告,ありがたく拝見しました。
(浦和区大戸は浦和駅の西側? あるいは中浦和の北600メートル? )
Posted by 山田政夫 at 2014年06月04日 10:15
山田政夫さん、こんばんは!(^ ^)
ほんとうに日本人と漆のつながりは、とっても深く長いのですね〜。
漆の育成、樹液採取、物品の制作、と一連の仕事を何世代も重ねて伝え続けてきたと思うと、とても感動します。

>浦和区大戸は浦和駅の西側? あるいは中浦和の北600メートル? 

すみません、土地勘がないのですが;;大戸一丁目で中浦和の北少し上くらいだと思います。
Posted by 宮崎佐和子 at 2014年06月04日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97429222

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->