2014年06月27日

■オーダーのめんぱのお弁当箱です。

1歳8ヶ月の娘が、急に40度近い熱を出してビックリした二日間を過ごしました…。
なんだか今日はご機嫌悪いな?…と思っていたら、急に体がアツアツになっていて、大慌て。あせあせ(飛び散る汗)
今までほとんど熱を出した事がなかったので、突然の事で心の準備?が出来ておらずオタオタしてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)(こんな時に限って近くの病院はお休み;;)
ほかには特に症状もなく、慣れない病院を探しウロウロして消耗するよりも安静しておいた方が良いと思い、持っていた解熱剤を使ってだんだん体温は落ち着いてきて、ホッとしましたが…。
娘も初めての体験で不安だったのか、子泣き爺のようにずっと私にしがみついていて、長時間の抱っこ&おんぶですっかり疲れちゃいました。肩がコリコリです。
今はもう元気になりましたが、これから急な病気とか増えるんでしょうね〜。心の準備をしておかねば。


さて、一段落付いた今日は、これをご紹介したいなと思います。

バッド(下向き矢印)以前お見せした、こちらのオーダーの家紋入りお弁当箱。
家紋の弁当箱 
銀彩で内側に蔦と折敷に三文字の家紋が入る予定でした。
あれから作業が進み、あとは上塗りを待つばかりの状態となりましたよー。


バッド(下向き矢印)総ベンガラ溜のお弁当箱になります。
家紋入り 弁当箱 オーダー品 国産漆
蔦の家紋に細かい書き割りがあり、ちょっと時間がかかってしまいました。あせあせ(飛び散る汗)
上塗りが入ると漆の色が銀白色に乗り、家紋が落ち着いた金色に見えるようになります。
ベンガラ色の上の銀彩って、あんまりしたことがないんですが…。
どんな仕上りになるのかな? 家紋は和紙を乗せた上に描いているので、その効果もちょっと楽しみです。


バッド(下向き矢印)そして、もう一つのオーダーのお弁当箱もご紹介します。黒ハート
オリジナル 弁当箱 国産漆のうつわ専門店  曲げワッパ
こちらは、総黒溜のお弁当箱。上のお弁当箱よりもひとまわり大きい570mlサイズです。

めんぱ 桜 お弁当箱
こちらのお弁当箱は、お客様のご要望で蓋の裏に桜の花を描いています。ぴかぴか(新しい)

うーん、同じお弁当箱でもかなり雰囲気が変わりますねexclamation
作らせていただいている方も「ほお〜」と見入ってしまいます。こちらも上塗り待ちですよ。
ほかにも、いろいろオーダーのお品をいただいていますが、順次仕上げていきますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。


ウルシの苗さて、今日のおまけ写真は…

4月に種まきをして、5月に発芽が始まったウルシの苗木ちゃん。
この写真の苗木は、成長したら香川県漆器工業協同組合へ提供する予定になっています。葉っぱが増えてワサワサした感じになってきました。
うんと大きくな〜れexclamation


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2014年06月05日

■家紋入りのお弁当箱を作っています。

1歳8ヶ月の娘が「アナと雪の女王」にはまっているみたいです…。
まだアンパンマンやしまじろうのアニメには興味ナシなんですが、なぜか「アナと雪の女王」は、予告編やLet It Goの動画を「ん〜」と言いながらくりかえしくりかえし熱心に見入っております。
歌が好きなのかお姫様が気になるのか分かりませんが、ディズニーってすごいですねexclamation
1歳児でも映画に連れて行ったら喜ぶのかなあ〜。でも近くの映画館は閉館してしまったし、子供が騒いで迷惑をかけてしまったら…と思うと悩みます。たらーっ(汗)
(小さい子ばかりだから、気にしなくてもいいという人もいますが…)



さて、そんな今日はこれをご紹介しようと思います。
特注品の家紋入りのお弁当箱です。


バッド(下向き矢印)400mlサイズのめんぱのお弁当箱になります。ハートたち(複数ハート)
家紋の弁当箱 

総ベンガラ溜の予定です。お客様のご希望で、銀彩で内側に蔦と折敷に三文字の家紋が一つずつ入りますので、内側だけ先にベンガラ入り漆の中塗りを入れています。
普通は漆で家紋入りのうつわとなると、角重箱などカッチリした真のうつわに蒔絵で入る…というのが定番なんですが、これはカジュアルなめんぱのお弁当なので、それに合うようにやさしく可愛らしくしようと思っています。
家紋をあらわす下処理には、古い和紙を使いました。

大福帳
←和紙は、とても調子の良かった明治時代の大福帳を使っています。
おかげで、ほとんど乱れずにぴったりと貼れましたexclamation
残りわずかなのが悲しい…。





家紋は銀彩で描くんですが、和紙でちょっとふくらんで、ふんわりした感じのやさしい紋になるとイメージしています。
蔦には細かい書き割りがあるので、慎重にしなくては〜〜〜。進めるのがとても楽しみです。ぴかぴか(新しい)
KM様MK様K.M様M.K様


アマガエルさて、今日のおまけ写真は…

工房の庭のスイレンの盥で暮らしている、アマガエルちゃんです。
渋い石目模様ですね〜。
アマガエルちゃんの衣装には、いつもみとれてしまいます。わーい(嬉しい顔)

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2014年01月07日

■象牙でこんなものを作っています。

『お腰がイタ〜〜イもうやだ〜(悲しい顔)』とつぶやきながらですが、松本は仕事をしています…。
そんなお正月ボケ?の今日は、こんなものをお見せしたいと思います。


象牙のボウリング1

こ、これはもしや…?


バッド(下向き矢印)そうです、象牙で作ったボウリングのピンなんです。高さは4cm強くらいです。ムード
象牙のボウリング2
お客様からのオーダー品のひとつで、ストラップになります。
なんと50年ぶり!にボウリングにはまっているという方で、記念に作ってほしいとのご依頼をうけていました。
(お友達にも渡すということで、計3つ作ってます)
ただのピンを模しただけではなく、お客様独特のウィットを含んだ仕上がりになる予定です。ムード

さて、この象牙のピンは木工旋盤で挽いているんですが…。


バッド(下向き矢印)副産物として、こんなものが出ます。
象牙のボウリング3

まるでココナッツみたいな、白い繊維…。
(手触りもココナッツににているような??)これも何かの表現に役立ちそうですね。
おもしろいので取っておこうと思います。わーい(嬉しい顔)


カマキリさんの卵さて、今日のおまけ写真は…

ウルシのひこばえにくっついている謎の物体です。
…じつはこれ、カマキリさんの卵。この木の近くにいた、ママカマキリさんの遺したものだと思います。
春になったら、いっぱいチビカマキリさんがウジャウジャと登場するんですね〜〜楽しみです。ぴかぴか(新しい)

いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2013年12月24日

■オーダーの桜のお椀を納品しました。

こともあろうか、松本がまたギックリ腰になってしまいました…。(こ、こんなときに…)
なんとか動けるくらいのプチギックリらしいんですけど、子供に抱きつかれるたびに『ううう…ふらふら』とうめいております。
やっぱり半月の遠征がたたったのかなあ〜。あせあせ(飛び散る汗)
年末の片付けや掃除をいろいろ頼もうと思っていたのに、大誤算です〜。シクシク。


さて、そんなパッとしない今日ですが気を取り直して、納品したオーダーのお品をお見せしようと思います。



バッド(下向き矢印)ついに、桜のお椀が出来ましたexclamation うれしい〜。
オーダーの桜のお椀 1入れ子の五つ椀2

←10月に絵付けをしていた様子をご紹介していました。
ご注文いただいていたのは、1年以上も前なのですが…。
木地のつごうがつかなかったうえ、私も子育てで以前のように時間が取れないので、うんとお待たせしてしまいました。

やっとお届けできてよかったです。






オーダーの桜のお椀 2
オーダーの桜のお椀 3

ミズメザクラ材の浅い端反の優雅なお椀です。ぴかぴか(新しい)
径は13.5cmあり容量は少ないですが、ゆったりとしてお料理が映えると思います。
大事にして下さると嬉しいなあ。



『讃岐もち麦 ダイシモチ』さて、今日のおまけ写真は…

けっこう美味しくて気がつくといつもご飯に入れて炊いています。
ダイシモチ(讃岐もち麦)です。善通寺市内の農業試験場で開発された麦で、少し固めでモチモチしています。ちょっと紫色がかかっていて、白米と炊くとほんのり染まって楽しいです。



いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2013年10月29日

■オーダーの桜のお椀です。

うう…眠い…。最近、寝不足です。もうやだ〜(悲しい顔)
子供が寝入ったあと、夢中で仕事をしているのですが、ハッと気がつくと夜中の2時ということがよくあります。
あんまり遅くまでするつもりはないのですが、いくらでもする仕事があってついつい…。あせあせ(飛び散る汗) 肩こりも久しぶりに感じるようになりました。
明日は市の乳幼児相談室に行って、娘の身体測定をしてもらいたいので、早めに出かけられるようにしなくては〜〜。


さて、そんな今日はこれをお見せしようと思います。


バッド(下向き矢印)オーダーのお椀です。
入れ子の五つ椀
端反の浅いお椀です。
実はこれ、入れ子の五つ椀のうちの三番目のお椀なんですよ。お客様からのオーダーで、三番目のお椀を二つ作り、桜を描いています。


バッド(下向き矢印)こんなふうに、内側にも桜の花が入ります。ぴかぴか(新しい)
入れ子の五つ椀2

このオーダーをいただいたのは去年です。
しかし、木地の調整がなかなかつかずあせあせ(飛び散る汗) 
お客様には時間をいただいていたのですが、ここまでこぎ着けるのに、やっぱり1年以上かかってしまいました…。ふらふら
オーダーもいろいろで、準備が整っているもの(木地の在庫があるもの、極端にレアな塗りではないものなど)は、比較的早く進むことが多いです。(それでも数ヶ月)
しかし、木地の入手や調整にヨイショがいるものは、申し訳ないのですがかなり時間がかかる事があります。
特に、過去に行った当時の『旬』の塗りのものの再現などは… う〜〜ん、難しいですねえ〜〜。あせあせ(飛び散る汗)
工房の国産漆は「生き物」なので、同じ漆を使っても同じ塗り肌にならないことは、もうしょっちゅうあります。
本当に漆って、長年付き合ってもミステリアスな相棒です。

この桜のお椀ちゃんは、やっとここまで出来ましたので、もう少しですね。
私の作業できる時間があまりないので、チビチビ進めていてもう少しかかりますが、早くお客様にお届けしたいなと思います。ムード


カマキリさんさて、今日のおまけ写真は…。
ウルシの葉っぱにくるまるようにいた、カマキリさんです。
おなかがふっくらしていますね… もうすぐ産卵です。人生のクライマックスにいるカマキリさん、応援したくなりました。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2013年09月12日

■オーダーのケヤキのお椀の木地です。

今日は、娘を母に見てもらい、1年2ヶ月ぶり(がく〜(落胆した顔)!!!)に美容院に行きました…。
長さはほとんど変えなかったんですけど、いろいろお手入れしていただき、サッパリしましたよ〜。ぴかぴか(新しい)
美容院にはお子さん連れの方もいらして、いつか娘と一緒に行けたらいいなあ〜と思いました。

さて、今日はまた別のお客様のオーダー品をご紹介しますね。^^


バッド(下向き矢印)こちらのお椀… ケヤキ材で11客あります。(一つは予備)
オーダー椀1
ここ数日、木工旋盤で木地作りに没頭している松本が、昨日に引き続き挽きました。
径が11cm少し、高さが7.4cmほどのサイズ。
和×和の飯椀より、少し背の高いくらいのお椀です。

サンプル「3年使ったお椀」2

実は、作品展会場でお客様に見ていただいている資料用として、「3年使ったお椀」というものがあります。
その資料用のお椀をいたく気に入って下さったお客様からのご注文なんですよ。
10客も作らせていただくなんて、有り難いことですね。もうやだ〜(悲しい顔)

塗り重ねが多く、制作に時間がかかるお椀なのですが(こんなのばかりですね;;)しっかり手元で育てていこうと思います。



うり坊さて、今日のおまけ写真は…。
保護色のトラ模様を活かして?草むらに隠れるうり坊です。その視線の先には…。

ミルとうり坊ぼーっとしているミルミルちゃんにロックオンのうり坊でした。


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2013年09月11日

■オーダーの蓋付き椀の木地が挽けました。

夏の暑さが少し戻って、汗ばむ一日でした…。
ところでこの夏で、私は痩せました。
暑さのせいか、はじめての育児のせいか分かりませんが、以前と比べるとナント7キロくらい減っているのです〜。
エッ、これってほんとなの?スゴ〜〜イ。あせあせ(飛び散る汗)
食欲の秋に突入しても、このまま維持できるのでしょうか。


さて、そんな今日はオーダーの蓋付き椀の様子をお見せいたしますね。


バッド(下向き矢印)少し前から、慎重に木地を挽いていました。
木工旋盤

オーダーをいただいたのはかなり前なのですが…。あせあせ(飛び散る汗)
木工旋盤を導入したばかりだったのと、材料の木地の段取りなどに時間が意外とかかってしまいました。

それからの経過
※サンプル作り → ※サンプルの修正 → ※デザイン決定、型作り → そして木地制作開始

そして、今日の朝から木地を挽いていた松本でした。
しばらくして、木工場へ行くと…。


バッド(下向き矢印)およ?挽いたばかりの蓋付き椀ちゃんが2客。
オーダー 蓋付き椀 国産漆1

そして、玄関にも完成した木地が4客出ていましたから…。
オーダー 蓋付き椀 国産漆2

合計6客、お客様のご希望の数がうまい具合に挽けたようです〜。ぴかぴか(新しい)
よかったよかった。もうやだ〜(悲しい顔)

あとはもう、いつもの慣れた仕事ですから、順調にすすんでくれることでしょう。

AK様KA様A.K様K.A様

アゲハのさなぎさて、今日のおまけ写真は…。何でしょう??
これ、アゲハのサナギちゃんなんですよ。ハートたち(複数ハート)
先日、食糧難に陥った幼虫ちゃんをレスキューしたうちの一匹が、みごとサナギになりました。
いつチョウチョになるのかな? 毎日楽しみに観察しています。ぴかぴか(新しい)


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2013年07月15日

■オーダーの茶櫃と茶托を木地固めしました。

連休も最後の日でしたが、楽しく過ごされましたでしょうか?
私たちは、ちょっと買い物に出たくらいで、結局はいつもと同じように仕事をして過ごしてしまいました…。ふらふら
暑い中出かけたりするより、あれこれ仕事をしている方が楽しいです。(困ったもんだ〜;;)


そんな今日は、オーダーいただいていた茶櫃の木地固めをしましたので、ちょっとお見せいたしますね。


茶櫃の木地 茶托の木地 オーダー 国産漆←こちら茶櫃、径が一尺二寸(約36cm)と茶托。
どちらも栃材で、茶托の方は虎杢入りです。
ご注文いただいた今年の2月に、木地を確保してしていました。
製作中のものでいっぱいだった漆室に少しスペースができたので、「いよいよ進めるか」ということになりました。







バッド(下向き矢印)白木地に、最初の漆を吸わせる作業を「木地固め」と言います。
国産漆 塗りの作業 木地固め

国産漆専門工房ですから、もちろん木地固めから国産漆だけです。ムード
たっぷりと漆を塗り込んでから…。

木地固め

少し時間を置いて、十分木地に漆が浸透した頃合いに、よぶんな漆をそっと拭き取ります。
洗顔後のお肌に、ローションをたっぷりつけるような感じでしょうか?
白く、そっけない感じだった白木地が、漆との出会いでいっきにイキイキとするから不思議です。


バッド(下向き矢印)漆を拭き取ったあとの木地。
虎杢 茶托

十分漆を吸い込んで、茶托の虎杢がくっきりと浮き出てきましたよ〜。ぴかぴか(新しい)
そうこうしているうちに、木地固めがすべて完了しました。

今回、使った漆は、2006年茨城県産の漆。飛田祐造さんの盛辺機械精製漆です。
今回のご注文は木地固めから完成まで、一貫してこの漆を使う予定なんですよ。



バッド(下向き矢印)茶櫃さんと茶托さんは、しばらく漆室でゆっくりします。
漆室 国産漆
木地固めは、深部まで漆が浸透しているので、じっくり時間をかけて乾かす必要があります。
土台にあたる部分ですから、十分締まっているとのぞましいですね。
じゅうぶんお時間をいただいていますので、良い頃合いになるまで置いておこうと思います。

MT様TM様M.T様T.M様


さて、今日のおまけですが…。
写真ではなく、お久しぶり(数年ぶり?)の動画です。漆を濾している様子です。漆が、2009年の浄法寺漆、大森俊三さんの末辺の天日精製漆です。



淡々とした5分くらいの作業の動画です。
…娘を背負っていた私が撮影しましたので、子供の声が入ってしまいました。あせあせ(飛び散る汗)
興味のある方は、気にせずごらんくださると嬉しいです。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2013年07月01日

■オーダーの栗虎杢の薬味匙、できました。

工房のある善通寺市は、お大師様の生誕地としても有名ですが… 夏に欠かせないある果物でも有名だったりします。
それは、「四角いスイカ」なんですよね〜。
今年もいよいよサイコロみたいなユニークなスイカの出荷が始まったそうです。
もう、7月になりましたね。^^


さて、そんな今日はオーダーのスプーンをご紹介します。


バッド(下向き矢印)栗虎杢の薬味匙…ついに出来ました。ぴかぴか(新しい)
栗虎杢のスプーン
細いうえ、強度のない虎杢の材だったので、彫るのにはたいへん苦心しました。
保険のため、ご注文より多めの本数を用意していたんですけど、案の定ポッキリいった個体もありましてあせあせ(飛び散る汗)(予備があってよかった〜〜)難しさを痛感しました。

すり漆仕上げか、木地溜か、とご提案したのですが、お客様が両方塗り替えをご希望されたので、ツートンにしています。
スプーンの腹を塗り、パツッと塗り替えずに首の所でグラデーションにぼかしこんでいきました。(柄の部分がすり漆になります) ほんのりと色味が変わっていくのが感じられます。


バッド(下向き矢印)違う角度から…。(長さは12.5cmと小さいです)
栗虎杢のスプーン3栗虎杢のスプーン2
それにしても、小さな細〜〜い体ですが、ちゃんと杢目を感じられます。
強度のないスプーンなので、扱いはていねいでないと厳しいですが…。
取り出してはニマニマしてしまう?小さな宝物みたいなスプーンになるといいなあ〜と思います。ムード
OA様AO様O.A様A.O様

さて、ショップ和×和では、店長の特選品として湯飲みとお弁当箱をアップしました。販売済みのものもありますが、ごらんくださると嬉しいです。


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2013年06月14日

■オーダーの蓋付き椀の型を作りました。

今日もオーダー品の話題です。^^

オーダーのお椀サンプル1前回、サンプル木地を制作して、形のご確認が終わりました蓋付き椀
ご注文は6客ですので、このサンプル木地を元に木地を必要分制作します。
このサンプル木地は、お客様のご希望のサイズを元に挽いたものですが、最初はプラスチック板の型を用意していました。
その後少しライン調整が入りましたので、それを修正して本番の型を作りました。




バッド(下向き矢印)ずらり… このお椀の型です。
型1

計6個。薄いアルミ板にラインを移して切り出しました。
切っただけなので、このあとケガキ線まで削り、断面を整えて仕上げます…。 
加工しやすく、100個以内程度の制作には十分な強度があるということで、松本はアルミ板を使います。

それにしても、いろんな形がありますね〜〜。あせあせ(飛び散る汗)
知らない方がごらんになったら、いったいどれがどこの型なんだか…?ときっと思われるでしょうね。



バッド(下向き矢印)この一個一個が、とっても大事な型です。
型2

蓋付き椀6客ということは、計12個のお椀を挽くことになりますね。
(けっこう時間かかりそう;;)
長い間お待ちいただいているお客様なので、早く形にしたいなと思います。ムード
AK様KA様A.K様K.A様


うり坊さて、今日のおまけ写真はうり坊です。
今日の香川県は気温30度以上ありました… 娘のためにクーラーを少しつけているのですが、それに便乗して涼しく過ごすうり坊です。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->