2015年05月26日

■ビワの木で挽いた、ナチュラルエッジの器です。

あいかわらず暑いですね〜〜。寒さにも弱いけど、暑さもチョット…という私です。
今日は、歩き遍路の若い女性が、工房に寄ってくださいました。(漆のお仕事をされていたそうです)短い時間でしたが、暑い中ありがとうございました。ムード

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


バッド(下向き矢印)これは…?
2015IMG_7855.jpg
ビワの木で挽いた、ナチュラルエッジの器です。
木工旋盤をする人間なら、このナチュラルエッジの器の挽くのがお約束だそうで…。強く今さら感がありますが、松本も挑戦してみたらしいです。チューリップみたいですね。
ナチュラルエッジ… 私はあまり聞き慣れていない言葉だったりするんですが、枝の形をそのまま残した、野趣あふれる器なんですね〜。


バッド(下向き矢印)ちなみにビワの原木は、こんな感じです。
ビワ原木
2年ほど前に、高松市の五色台の漆畑の手入れの時に、切ったビワの木を使いました。
こんなふうにあまり太い木ではありません。


バッド(下向き矢印)いろんな角度でごらんください〜。
2015IMG_7858.jpg

2015IMG_7864.jpg
お遊びで挽いてみた器なんですが、なかなか面白いですねexclamation (すごく使いにくそうではありますが;;)
挽いて遊んで終わりかなーと思って見ていたんですが、一応漆を塗って仕上げてみるそうです。ドキドキ。


2015_IMG_7868.jpgさて、今日のおまけ写真は…

かわいいアマガエルちゃんのおしりです。
ウルシの葉っぱの上には、こんなカエルさんたちがあちこちに乗っかっています。ぴかぴか(新しい)

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2015年04月28日

■重ねのお弁当箱の荒ぐりをしました。

11月に工房へ届いた、輪島の荒木地(ケヤキ)※ がだいぶ乾燥してきました!
そろそろ次の工程に着手しようと、松本が仕事にとりかかります。


バッド(下向き矢印)円柱形の木地がズラリ。石川県産のケヤキだそうですよ〜。
2015IMG_6821.jpg
しっかりしたよい木地で、松本のお気に入りです。黒ハート
上の三段の木地は… なんと、二段のお弁当箱になる予定の木地たちなんですよーー。ホントですか?ワクワク。ハートたち(複数ハート)
お弁当箱といえば、めんぱ、曲げワッパが軽くて便利ですね。でも、やはり強度のことを考えると、挽きもののお弁当箱もラインナップに加えたい!と思って、用意しました。
めんぱなどの曲げものは木地がやわらかい針葉樹系ですが、しっかりした堅い広葉樹の木地のお弁当箱もほしいなあ〜とつねづね思っていたんですよ。(丸ものではありませんが、広葉樹くりもののお弁当箱の強度は、なかなかです→ 幼少の松本のお弁当箱


今日は、この重ねの丸いお弁当箱の荒ぐりの作業をしましたので、ご紹介したいなと思います。


バッド(下向き矢印)お弁当箱の荒ぐりの様子です。(約10分)地味〜なので、開く時は覚悟を…。ふらふら


ハア〜〜じみすぎて、見ていて疲れます。たらーっ(汗)




バッド(下向き矢印)で、上の作業で、このような荒ぐり木地ができました。ぴかぴか(新しい)
2015IMG_6822.jpg2015IMG_6823.jpg2015IMG_6825.jpg
荒ぐりなので、こんな感じです。荒々しいですが、ちょっとは蓋物のお弁当箱らしくなってきたかな〜。あせあせ(飛び散る汗) 小さめサイズで可愛らしいお弁当箱になりそうですよ。
少し削っては乾燥期間をおき、そしてまた少し削る… という作業のくり返しで、だんだん木地が整っていきます。このあと、2ヶ月後くらいに合口をつくる予定となっています。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2015年04月10日

■木工旋盤デルタ46-460の2号機ちゃん、活躍中。

松本が愛用しまくっている木工旋盤、デルタ46-460の1号機ちゃんが3日前に急停止したその後…。
バックアップ用として控えていた、同じくデルタ46-460の2号機ちゃんが待ってましたとばかりがバリバリに稼働しています。
2号機ちゃん… こんなにすぐフルで使うとは、思いもしなかったよ。がく〜(落胆した顔)


バッド(下向き矢印)ガンガン使っています。
2015IMG_6159.jpg
2015IMG_6172.jpg
「調子いいわーー でも、1号機と感触がちょっと違うな!」
…とかなんとか言いながら、松本はうれしそうですが。新品の2号機ちゃん、すでに粉まみれでもう貫禄たっぷりになっていますが。あせあせ(飛び散る汗) お、おろしたてなのにー。


(恒例のおもしろくない動画を置いていきます…)



さて、この木工旋盤ですが、仕事用の木地や道具の制作に使っています。
しかし、思わぬ生活道具を補填するために使うことも、たびたびあるんですよ〜 ビックリです。
家具のちょっとした取っ手など簡単に挽けちゃいますし;; スタンドの台を作ったりもしました。


バッド(下向き矢印)そして、こんなものも…。
2015IMG_6212.jpg2015IMG_6219.jpg
娘のおえかきボード、タカラトミーの「2カラーせんせい」です。
マグネットスタンプの丸が紛失してしまい;; パーツのバラ売りをメーカーでしているという案内がパンフレットにあったので、安心していたんですが、問い合わせたらそのサービスが終了していました。
幸い丸だったので、おとうさんが木工旋盤で作りました。(磁石はよわいですが…)ピッタンコにおさまります。ぴかぴか(新しい)

こんなに木工旋盤が生活に浸透するなんて… おどろくばかりです。


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2015年04月07日

■木工旋盤のあたらしい刃物に柄を入れました。

松本が愛用しまくっている木工旋盤、デルタ46-460の1号機が今日の夕方、急停止しました…。がく〜(落胆した顔)
ええーーっ、ついにお釈迦になっちゃったのでしょうか??
1ヶ月ほど前に虫の知らせがあったらしく、「後継機がほしい〜」と急にソワソワしだした松本。それからほどなくして、2号機をあわてて購入しました。
3年前の春にはじめて導入し、ちょっとしたお遊びのつもりで使いはじめた木工旋盤ですが、もうなくてはならない存在となってしまいました。
1号機ちゃん…急にどうしちゃったのか。再起不能なんでしょうか。
とりいそぎ、2号機とタッチ交代しております。修理に出してみようと思います…。

さて、そんな今日はこの話題です。

木工旋盤の新しい刃物、16mmのディープガウジとシャローガウジが少し前に届いておりました。
刃物だけなので、柄を入れないと仕事道具にはなりません。いつも木工旋盤でケヤキ材を削って、刃を入れる穴を開けて、いろいろ仕込みをして好みの道具に仕上げています。
しかしながら… この刃物の直径の規格がセンチの単位なのでした。あせあせ(飛び散る汗)
5/8インチサイズのドリルは持っていますが、16mmのドリルが工房にありませんでした。しまったーーexclamation
後日、ようやく16mmのドリルが届いたので、やっと柄を入れられたというワケです。


バッド(下向き矢印)こちら、届いたドリルの刃です。(左)
2015IMG_5816.jpg
届いた16mmドリルの刃と、手持ちの5/8インチサイズのドリルです。よく似たサイズですが、微妙に違うので、使えませんでした。(すこしの差が大きな差…)

やっと、柄を入れましたので、お見せしたいなと思います。


バッド(下向き矢印)じゃーーん。
2015IMG_5812.jpg

前回と同じように、ケヤキ材で鉛入りの重ためな柄です。
私が持つとズシッと重たくて、片手で持っていられません。あせあせ(飛び散る汗)これを持ったまま、細かい作業するなんて、大変すぎる。
ふらふら


2015IMG_5815.jpg
木工旋盤刃物の長さと重さ
ディープガウジの全長、52cm 1836g(左)
シャローガウジの全長、48cm 1780g(右)
これが、松本が小さい旋盤で取り回しがいいサイズと重さなんだそうです。
刃物の断面設計がかなり変わっているので、どんな仕事ができるか楽しみです。わーい(嬉しい顔)




2015IMG_5999.jpgさて、今日のおまけ写真は…

工房のお庭の隅につくったチューリップ畑のお花がだいぶ咲きました。ムード
10種類、合計100球ありますよ〜。時期外れの規格外の球根だったせいか、小さいお花ですが;;
それでもじゅうぶん楽しめそうです。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2015年03月29日

■木工旋盤の刃物、HAP40を使ってみました。

昨日から松本は、高松市内の五色台という山にある工房の漆畑のメンテナンスに通っています。
忙しくてしばらく放置していたので、自然の勢力が押しよせまくっております〜〜。がく〜(落胆した顔)
…まずは草刈りですね。もう雑木と化した猛者のような侵入者もいるので、かなりヨイショがいりますが。あせあせ(飛び散る汗)
新しいウルシの苗木ちゃんを植えるため、昼間はヨイトマケを頑張ります。手(グー)


さて、今日も松本のマニアックなお話ですみません。
先日買った木工旋盤の刃物、HAP40を試しに削ってみた様子を動画にしてみましたので、ごらんください。
(いきなり大音響かもしれないので、ボリュームを確認して再生してくださいませ〜)



バッド(下向き矢印)刃物を削る様子。(マニア向けなので、普通の方は見ても面白くありません)



バッド(下向き矢印)試し挽きの木地の内側を削っている様子です。最後まで地味です… が!!

…うう、長い動画ですね〜。ふらふら 編集できないので、すみません。

じみ〜な仕事の様子ですが… 実は、こんな木地を挽いていました。


バッド(下向き矢印)木地の内部に焦点が合った写真です。
2015IMG_5824.jpg
動画で挽いた木地とは別の木地ですが、同じ並びで作ったものです。動画では、内側に小さな穴をあけてずっと中をじみ〜に削っていましたが…中の仕事はこんなふうだったのですね。
入口は小さくても、なかには広々とした?空間が広がっていたんですexclamation


2015IMG_5804.jpg
今まで所有していたボールガウジでは、こんな角度で切り込みが出来ませんでした。
新入りのHAP40… 意外と使いやすいです。ぴかぴか(新しい)


バッド(下向き矢印)さてさて、動画で挽いていた木地を、半割にして並べてみましたよー。
DSC_0398.jpg
おおっ!!中はこんなふうになっていたんですね。
おちょぼ口なのに、内側をこんなに仕事できるなんて… ビックリしました。
こんな面白い仕事ができるなら、今までとはちがうものができそうで、ワクワクします。黒ハート

そう思っていたら、案の定…。

2015IMG_5829.jpg
おもしろ〜〜い! こんなの工房では初めてかも??
内削りが、すごく削りやすいので、さっそく松本はフラワーベース(花器)を作っていました。
木地はクスの縦木です。たまたま木取りしていた材があったので、使ってみました。

思えば、昔を思い出して?何気に買った刃物ですが、意外な効果に楽しくなっています。
こうしたラインは、今まで工房になかったので、ちょっといろいろ作ってみたいなーと思います。わーい(嬉しい顔)



2015IMG_5845.jpgさて、今日のおまけ写真は…

工房の庭の片隅に作ったチューリップ畑のチューリップに、ついにつぼみが出てきました。ムード
10種類の球根を植えているので、いろんなお花が咲くのが楽しみです。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2015年03月28日

■ケヤキの荒ぐりが終わりました。

4月になるのがまちどおしい…。
いよいよ娘が保育所に毎日通います。ここ半年ほど、一時保育という単発の保育をつなぎまくり、そして実家の母にも頼り、週3日ほどの時間をつくって秋から続く繁忙期をやりすごしました。保育料はすごーくかかりましたがあせあせ(飛び散る汗)たいへん助かりました。
通常は入園式のあと、「ならし保育」という数時間の保育からゆるゆると始まるらしいですが、園に相談すると、娘はもう園に慣れているから…と、1日からバッチリ通常保育に入ってよいということでした。ヤッターーー手(グー)
いろいろやりたいことがたくさんあります。私の仕事場の片付けと資料の整理、3年ほどメモリカードにためまくったデジカメのデータの整理などなど。図書館でゆっくり本を探したいし、もう何年もしていないことがたくさんあります。
でも、一番したいのは、のんびり春のお花の写真を撮ったりスケッチしたり…ということですね。
技術の洗練もとても大事なのですが、ものづくりの仕事は、こうした心の中の風景を増やすことがすごーく重要で、そういった面ではかなり鈍感な私でも、そろそろそんな余裕がほしくなりました。
春は…やっぱり桜を近くでゆっくり見たいですね〜。そうして、子供のいない空間で、じっくりスケッチしたいです。ぴかぴか(新しい)


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。

バッド(下向き矢印)今月、輪島から届いた荒木地です。
2015IMG_5773.jpg
届いたタイミング等、いろんな理由でお水にダイブさせていたのですが、その水に浸けていた可哀想な?荒木地ちゃんはすでに水揚げされ、そして先日、松本が慎重に「荒ぐり」をすませていました。ぴかぴか(新しい)
とりあえず床に近い位置に重ねて、安置しています。

水にしばらく浸けていたおかげで「あく」がだいぶ抜けて、削りやすくなっていましたよー。作業のしやすさがぜんぜん違います。効果てきめんでした。(浸けていたお水がすぐ真っ黒になっていましたもん;;)
「あく」ととりあえず呼んでいますが、実は正体がよく分からない物なんですよね…。たらーっ(汗) でも、あくが多い木地はいい印象がひとつもありません。すぐ刃にヤニが付いて仕事がしにくく、しかも木地も動きやすい気がします…。
さて、そうして荒ぐりが終わった木地は、湿気の高いと思われる、床に近い位置に置き、軽〜くビニールで覆っています。(ビニールで覆うのは、一気に乾燥するのをふせぐため)とりあえずこれで一安心です。

さて、ここから本題なのでした。ムード

今回、この木地の「荒ぐり」で使った木工旋盤の新しい刃物、HAP40が好調なんです。あまりにも調子良かったので、松本はサイズの大きい刃物をまた頼んでしまいました〜。


バッド(下向き矢印)これです。
2015IMG_5742.jpg
HAP40 16mmの深丸と浅丸です。また増えてしまったよーーーexclamation


バッド(下向き矢印)立ち姿?です。
2015IMG_5743.jpg
正式名称はディープガウジ16mmシャローガウジ16mmです。また柄を入れなければ〜〜。


バッド(下向き矢印)こちら、ディープガウジ16mmの先端です。
2015IMG_5762.jpg2015IMG_5746.jpg

バッド(下向き矢印)シャローガウジ16mmの先端です。
2015IMG_5747.jpg2015IMG_5748.jpg
とてもていねいに、おそらく大きな円弧の砥石で研いでいるように思いました。
刃端を見るとバリが全くないように見えますが… そしてHAP40の特性なのかなあ?? 非常に精密な刃がつきます。
しばらくして、やっぱりガマンできなかった?松本が、フライングで柄なしでちょっと木地を試しに削ってみたようですが、「なかなかムフフな感触だったーハートたち(複数ハート)」とうれしそうでした。(←そうかそうか)
また、柄を入れた姿をご紹介しますので、ごらんくださると嬉しく思います。わーい(嬉しい顔)



2015IMG_5836.jpgさて、今日のおまけ写真は…

ついに満開になりました。娘のユスラウメちゃんです。
今日の陽気で一気に桜の開花が近付いたような気がします。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2015年03月26日

■新しい木工旋盤、デルタ46-460を仕入れました。

先日、お天気の良い日に久しぶりに娘と近所の出水(泉)へお魚を捕りに行ってみました。 娘の去年の獲物→   
キラキラと水晶のような透明なお水の中に、大小のお魚がスイスイビュンビュン!!子供は大興奮です。
私も頑張りましたが、やはり小魚ちゃんと川エビ数匹しかゲットできず…。
そろそろ疲れてきたので、「この子連れて、もう帰ろうね〜」と娘に言いましたが、「んー!んー!!(もっともっと)」とデカイお魚の泳ぐ水面を指差して、お母さんに頑張らそうとします。(← ムリムリ)
そうこうしているうちに、興奮した娘は獲物の入ったミニ水槽をじゃぱーんとひっくり返してしまいまして… お魚さんたちは、もう大喜びで泉の中へバイバイしていきました。そのときの娘のぽっかーーんとあっけにとられた顔が面白かったです。
水場での遊びは楽しいですが、夢中になりすぎると危ないので、けっこう疲れちゃいます。


さて、そんな今日は新しい木工旋盤が届きましたので、それをご紹介したいなと思います。
工房に初めての木工旋盤がやってきたのは、ちょうど3年前でした。 ついに2機目の導入です。

バッド(下向き矢印)じゃじゃーん!!デルタ46-460ちゃんがやってきましたよー。
旋盤 デルタ46-460
いま、木工場で稼働している木工旋盤とまったく同じ機種です。
サイズアップするとか、いろいろ悩んだ末?結局同じものを買ってしまいました…。たらーっ(汗) 使い勝手は分かるし、はめ木の規格が同じだからです。
現在、バリバリ使っている一号ちゃんももちろん健在ですが、ちょっと仕事によって使い分けしてみたいと思い… そして、もし急に一号に不具合が出た時のことを考えての保険という意味合いもありました。
3年前の木工旋盤導入時は、和式のろくろを入れるまでの補助的なものという位置づけで入れましたが、この木工旋盤の素軽さが松本の感性によく合ったようで、今やもうなくてはならない存在となってしまいました。あせあせ(飛び散る汗)



バッド(下向き矢印)一号(奥)二号(手前)が並ぶ図。
旋盤 デルタ46-460 2
二号ちゃんも、また据え付けなくては…。一号とはまた違う形で設置するそうです。
しかし、デルタ46-460と、ふたつとも型はまったく同じですが…。3年の月日はプライスに大きく響き、価格はなんと倍近くになっておりました。がく〜(落胆した顔) うお〜、いつの間に? ここでは詳しく書きませんが、輸入品なので流通にいろんな変化があったようで…。 ククッ、こんなにアップするなら、価格上昇する前に頑張って入れておけばよかったあ〜〜〜。ふらふら

ダブル旋盤で、今後もがんばりたいと思います。手(グー)



2015_IMG_5800.jpgさて、今日のおまけ写真は…

しろいオバケ?のようになった娘です。
洗濯網の中に入って遊ぶのが好きだそうです。


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2015年01月28日

■ウルシ材の荒木取りをしました。

工房の仕事場に、やっとストーブの火が入りました…。
ずいぶん冷えこんでいるので、アラジンストーブで仕事場全体があったまるのに何日か かかりそうです。あせあせ(飛び散る汗) でも、じんわり仕事場があたたまるとうれしいですね〜〜。しかも灯油価格が下がったので、とても有り難いですexclamation 
「漆はエコロジー素材」とよく言われますが… 意外と燃料食いなんですよ〜贅沢なやつです。漆の仕事に暑さ寒さはNGというのは基本で、乾燥に適する温度は20〜28度、プラス十分な湿度が必要といわれています。なので、冬場は人間さま、お猫さまよりも、保温が大事なのが漆さまだったりします;;

さて、私のほうは確定申告の準備をしながらですが(しかも、まるっと1年分、年明けてまとめてやるというダメな例…) 小さな修理品など少しずつ漆の仕事をしていきたいなあ〜と思います。


いっぽう松本は、漆の作業に使う道具の準備をしたり、木地の仕事をして過ごしております。一日で、工房の外と内の仕事半々くらいでやっているようです。


バッド(下向き矢印)今日は、ウルシ材で荒木取りをしたようです。
ウルシ材
木工場の整理の一環とおもわれます…。 
けっこう切ったようですが、たぶん板材はあまり減っていないんじゃないでしょうか?
…と思ったら、以前使ったウルシ材で、木地が取りにくい形状のものを置いていたものから荒木取りしたんだって! へえ〜。この年末年始でいろいろ木工工具をそろえたので、面が曲がっているなどちょっと難しい形状の材もあまり苦労せず活かせるようになったというのです。(片付けないでよかった)

2015IMG_3970.jpg2015IMG_3965.jpg
左が小皿用、右が湯飲みかぐいのみになりそうな荒木地ですね。
天然木は歩留まりがわるいので、荒木地の状態ではけっこう大きくても、最終になるとかなり小さな器になっちゃいます。


2015IMG_3972.jpg


←ここで、「わたしを見て見て!!」
アピールのミルちゃん。(あったかベッドから出てきたもようです)
















バッド(下向き矢印)そして、松本はためしに木工旋盤で木地も挽いてみたようです…。
2015IMG_3969.jpg
ケヤキ(輪島からきた木地)とクスの荒挽きです。
もう3ヶ月くらい旋盤をお休みしているので、どのくらい腕がなまっているかためしたらしいんですが。
「うわーー、ぜんぜんできなくなってるわ〜〜 がく〜(落胆した顔)
…という叫び声が、木工場から時おり聞こえてきたので、かなり忘れているらしいです。たらーっ(汗)
松本いわく、「漆の仕事は子供の時からしているので忘れないけど、旋盤は大人になって覚えたので、油断するとすぐ腕が落ちる」んだとかで。う〜む、油断大敵ですね〜〜。
漆の仕事と木工、両立させるのはなかなか大変そうですがたらーっ(汗) 体調を気にしつつもしっかりやっていきたいと思います。




2015IMG_3946.jpgさて、さて、今日のおまけ写真は…

2才3ヶ月の娘が、粘土にはまっています。
特にカラフルな小麦ねんどに夢中。
おもちゃ屋さんで、デザートの型抜きのついた(イチゴとかチョコやホイップなど)小麦ねんどセットを買ったら、もう喜んで、帰りの車の中でずっと箱にしがみついていたくらいです;;

在宅中は、ほぼ粘土遊びにつきあわされます。
…今やもう、何とも言えない色の複合体を作り出しております。

いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2014年12月26日

■木工場の模様替えをしています。

今日は娘の保育所の今年最後の日でした…。
そんな貴重な1日でしたが、飛び込みの資料作りに時間がかかってしまい、ほかの仕事はあまり進みませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
その間、娘は最後までお友達と思いきり遊んで、とても楽しかったようです。クラスの子とすっかり仲良くなりました。お迎えしても、もうちょっと皆と遊ぶんじゃあ!と逆走する娘を押しとどめ、「また来年会えるからね〜」と、意味は分かっていないと思いますが、言い含めて連れて帰りました。
次の保育所は、1月5日ですねー。松本の目の手術の日でもあります。
それまで10日近く、エネルギッシュなイヤイヤ期ど真ん中の2歳児と付きっきりで過ごすと思うと、気が重いですが…。
まだ未開封のおもちゃとかいくつか用意したので、小出しにして乗り切ろうと思います。手(グー)

さて、今日の話題です。


バッド(下向き矢印)最近、木工場の整理をしている松本です。
木工場の片付け
新しい分野の木地づくりに向けて、いろいろ機材を仕入れました。
木工場が手狭になってきましたので…たらーっ(汗) いろいろと整理をしています。
けっこう寒い日が続きますが、風がすくないのでやりやすいです。風が強いのは困りますねー。

本当はこうした外の作業は、もう少し先にするつもりだったんですが…。
思いがけず松本が手術をすることになってしまい、術後しばらくは力仕事は御法度なので、仕事の順序を変えて年末にすることとなりました。
いろいろと漆の仕事も押しているので気になりますが…(もうちょっとで完成するお品がけっこうあります)  年明けてから進めることになりそうです。
オーダー品などお待たせしているお客様、たいへん申し訳ありません。あせあせ(飛び散る汗)


バッド(下向き矢印)木工場の壁面には、棚を作り付けて収納力アップを図っていますexclamation
木工場の片付け2
どんどん片付いていくので、楽しいですね〜。棚はもっと増えます。いくらでも収納したいものがありますよ。

さてさて実はですが。
「曲げ物」の木地を工房で作れるようにしたいな〜と考えているところなのです。ぴかぴか(新しい)
曲げ物の木地は、白木地を木曽から仕入れているのですが、サイズや形が決まっていますので、ある程度自由度が高い木地を作られるようになればいいなあ〜と。
また、産地の木地はヒノキやサワラなど、針葉樹がメインです。軽くて薄く、やさしい雰囲気の曲げ物ができますが、針葉樹は強度が物足りないので、丈夫な広葉樹を使って作りたいのでした。夢が膨らみます。ハートたち(複数ハート)
それにあたって、いろいろ機材が必要なんですが…。根気よく探してきてだんだんそろってきているんですよ。

そして、そのいっぽう不要になった機材なども出てきました。
木工場がある程度片付いたら、新しい機材を配置し直して… 
仕事をしやすい環境をめざさなくてはなりません。
木工の仕事は楽しいですが、体力使うし、危険な面もあるので、安全で使いやすい仕事場になればいいなと思います。わーい(嬉しい顔)


2014G_2886.jpgさて、今日のおまけ写真は…

生まれて初めてのクリスマスプレゼントを、おじいちゃんおばあちゃん、それぞれからもらった娘です。
プレゼントはお食事用の木製チェアと大きなお絵描きボードです。(まだ小さいので、私がリクエストしました…)
大喜びで愛用しています。ムード
もうちょっと大きかったら「アナ雪がほしい」とか言ったんでしょうか。
うちでは今までクリスマスを特にしなかったので、子供が加わってどんな設定にしようか悩み中です…。


いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2014年10月30日

■ケヤキの一口冷酒杯を挽きました。

今日もとってもよい天気で、車の中では汗ばむくらいでした。
ずーっとこんなふうにあったかければいいのになあ〜。

さて、今日はこれをお見せしようと思います。わーい(嬉しい顔)
ぽかぽか陽気の中、木工場から木の香りと威勢のいい音が聞こえてくる昼さがりでした。


バッド(下向き矢印)また、松本が木工旋盤で木地を挽いています。
木工旋盤
いつも思うこと、(クマ撃ちのおじさんみたい…あせあせ(飛び散る汗)
木工旋盤2
扇風機は、旋盤から出る木クズを飛ばすためにつけています。
今日は、なにか小さい器を挽いているみたいですよ〜。
いったい何を挽いているのか、聞いてみましょう!


バッド(下向き矢印)これらしいですexclamation
一口冷酒
かわいらしい一口冷酒杯です。ムード パッチリしたケヤキ材です。

一口冷酒杯 全体
この日は、一口冷酒杯の6兄弟が誕生しました。
同じ荒木地から挽きましたので、サイズはほとんど同じですが、微妙なラインはひとつずつ違います。
手挽きの旋盤ならではのゆらぎ、とても楽しいですね〜。
また、いろいろ登場させたいと思います。



アラジンストーブさて、今日のおまけ写真は…
昨日からついに工房のアラジンストーブに火が入りましたexclamation
とろ火のごく小さな火ですが、作業場がほんのり暖かくなります。ハートたち(複数ハート)
作業期間は朝昼かかわらずずーっとストーブさんは付きっぱなしです。
漆はエコロジー素材と言われますが、温度管理がシビアなので冬季はかなりの燃料を必要とするんですね〜。(冬場は経費がかかる…ふらふら

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) |   木工旋盤
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->