2010年11月11日

■ウルシの木の変な?アマガエルさん。

今年の秋は、ほんとにゆっくりですね。
今日は冷え込むのかと思いきや、体を動かしていると日中は汗ばむくらいの暖かさ…exclamation
ウルシの木たちも、まだまだ葉っぱを落とさずに頑張っているんですよ。

…そんな中、ウルシの枝先でちょっと変わった?アマガエルさんを見つけてしまいました。


バッド(下向き矢印)この子です…。
11_11_kaeru_1_.jpgクリックで写真が拡大します。

この子、アマガエルに似つかわしくないスタイルをしており… 上から見ると背中が「ハート型」に張り出しているように見えるんです。
アマガエル、というよりヒキガエルみたいな体型あせあせ(飛び散る汗)(ああ、D3でお見せしたいくらい〜〜)

バッド(下向き矢印)やっぱりちょっとヘン…?
変なアマガエル3
なんか、マツコデラックスさんに似ているような。ふらふら …これって、アマガエルの超肥満なのでしょうか??



実は、私はカエルが大好きで…。
この日記を始めてから、お庭のウルシの木に集うアマガエルさんの姿をキャッチぴかぴか(新しい)してまいりました。

5/9/カエル2
no-title

IMG_1302.jpg

7_16_KAERU_2.jpg
IMG_1263.jpg

IMG_1250.jpg

ユーモラスでいて、そして宝玉のように美しいカエルさん…。
アマガエルたちの稼働できる季節はあとわずかですが、このヘンなアマガエルさんもちゃんと冬を越してほしいなと思いました。ムード


いつも楽しみにしています☆→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆の木の住人

2010年07月26日

■ウルシの葉陰の生きものたち。

猛暑続きですが、いかがお過ごしでしょうか。
ここまで連日暑いと、頭がぼーっとしてきます。あせあせ(飛び散る汗)

そんな日々ですが、今日はウルシの葉っぱにやってきた、暑さに負けない?生き物たちの写真をお見せしようかと思います。^^


バッド(下向き矢印)タイガーカラーの小さなカミキリムシ?さん。
生き物1

バッド(下向き矢印)葉っぱと同じ色になったアマガエルさん。
生き物2

バッド(下向き矢印)可愛い顔をしているセセリチョウさん。
生き物3

この子たちは、ウルシの葉っぱで休憩していたりする子なんですね。
その一方、ウルシの葉っぱを食べる虫さんも発見しています…。

バッド(下向き矢印)こちら、葉っぱを網目状にしている小さなイモ虫さん。
生き物4

バッド(下向き矢印)わ〜〜!!
生き物5
どうやったのかは分かりませんが…。
葉っぱをロール状にした中に、これまた小さなイモ虫さんたちがいっぱい入っています。あせあせ(飛び散る汗)

…これらの葉っぱを食べる虫たちは、可哀相ですが駆除されちゃいました。

バッド(下向き矢印)そして、これは…exclamation
生き物6

夏の風物、セミの抜け殻ですね〜。
ウルシの葉っぱに知らない間にくっついていました。

バッド(下向き矢印)ウルシの木ではないですが…  モクレンの木にいたアブラゼミさんです。
生き物7
最近、アブラゼミをぜんぜん見なくなったので(クマゼミさんばっかり…)ほんと、お久しぶりでしたよ。

みんな平凡な動物たちですが…。
こうした、ウルシの木に集まる生き物を見つけるのも、夏の楽しみの一つです。ムード


ミルミルさて、今日のおまけ写真はミルミルです。日も暮れた7時過ぎ、新しい「獲物」を連れて帰宅していました…。がく〜(落胆した顔) 私は不在で、このミルの獲物の実物を見ていないのですが、ヒバカリでしょうか。それでも幼いヘビさんのはずで、ミルなんかにつかまちゃってほんとに可哀相です。

posted by 宮崎佐和子 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆の木の住人

2009年08月20日

■漆の葉っぱに、チョウチョが…。

日が暮れると、コオロギの涼やかな鳴き声が響きます。
今年の夏はそんなに酷暑ではなかったせいか、秋の気配が早く来ました。
ただ、お盆をすぎた頃からふだんならヒバリのさえずりも聞こえて、一瞬春のような雰囲気になるのですが今年はまだそうなる感じではないですね。

さて、最近のウルシの木ですが、なぜかチョウチョに“もてて”いたのでビックリ。さっそく写真を撮りました。ムード

バッド(下向き矢印)黒いアゲハチョウさんです。
8_20_TYOU_1_.jpg
黒アゲハは、今年はじめて見ましたexclamation
なぜか、このウルシの木(漆掻き中の木です)にご執心なんです。何度も戻って来て、木の周囲をウロウロしています。;;


バッド(下向き矢印)そしてお次はこの子…。
8_20_TYOU_2_.jpg
アゲハチョウさんです。
この子も、何度もウルシの葉っぱに嬉しそうに?とまっていましたよ。何かいいことがあるのでしょうか…。


8_20_KANAHEBI_.jpgこちらは、工房の北側の草むらに住んでいるカナヘビさんです。メスの、そしておそらくおなかに卵が入っている子です。(体色がレモンイエローっぽいので、『レモンちゃん』とひそかに名付けていました)カナヘビはなわばり意識が強いのかいつも同じ場所に同じ子が居座っているんです。
毎日見守っていたのですが、うちのハンター・ミルミルの手によって、ついに玄関に連行されてしまいましたよ。あせあせ(飛び散る汗)
いつもはすばしっこいレモンちゃんも、油断したのでしょうか。間近で見たレモンちゃんは「もうどうでもいい」という感じで脱力しており、脱皮間近なのかお肌が乾燥していました。拉致、出産、脱皮という三ストレスに耐えられるかどうか、ちょっと心配です。


posted by 宮崎佐和子 at 19:59| Comment(6) | TrackBack(0) |   漆の木の住人

2009年07月28日

■今年のアマガエルたちです。

IMG_1302.jpg

今年の梅雨は、ちょっと長引いてじめじめした日が続きますね。
人間にとっては快適とはいいがたいこの季節ですが、アマガエルたちはとっても元気ですexclamation


7_16_KAERU_2.jpg←このスイレンガエルさんは、もう壺からいなくなっちゃいましたが…。
日々撮り溜めていた、今年の春にオタマからカエルになったばかりのフレッシャーズの写真がいっぱいたまってきました。
なので、まとめてアップしようと思います。^^



バッド(下向き矢印)まずはこの子から。お昼寝中のチビガエルです。
kyutyu.jpg
IMG_1250.jpg

sippojpg.jpg
大きさはこのくらいとミニマムです。

もうお気づきかと思いますが、空中浮遊しているわけじゃないです。窓ガラスに貼り付いているんですねえ〜 本人は気づいていないんですが、四方から丸見えです。ハートたち(複数ハート)

バッド(下向き矢印)さて、こちらは別の子ですが大きさは同じくらい。
IMG_1263.jpg
工房の周囲には、こんなおチビちゃんがたくさんピョンピョンしています。周囲の田んぼから上がって来ているんですね。


バッド(下向き矢印)もちろん、ウルシの木にもやってきています。
:
IMG_1270.jpg
ちょっと見た目は大人っぽいですが…この子もチビです。

バッド(下向き矢印)さらに一匹。この子はチビではありません。
 数年ものの、貫禄たっぷりのデカガエル。
IMG_1286.jpg
いま、漆かき中の木の上で暮らしています。


…こんなカエルさんたちも、もとは大きなシッポをつけたオタマジャクシなんですよね。飼っている方ならご存知でしょうが、オタマジャクシって水槽に入れていると、みるみる大きくなって手足が生えてきます。
otama.jpg
アマガエルのオタマさんです。
こんなオタマちゃんが…


バッド(下向き矢印)あっという間に、こんな姿になっていきます。あせあせ(飛び散る汗)
sippojpg.jpg
IMG_1290.jpg
水槽の中で大きくなった子なんですが、
さっさと外へ出て行こうとしてます。


それにしても、アマガエルってきれいですよね。
アマガエルの美しさって、何に例えればいいのでしょう?
窓ガラスに、葉っぱの上に、枝の上に、まるくふっくらした緑色のかたまりを見るたびに、そう思います。宝石に例えるのなら、ヒスイやメノウ、クリソプレーズに近いような気がしますが、やっぱり違うのですね…。
この「緑の申し子」のような、生命力あふれる小さな生き物を見つけるたびに、季節が巡り来ることを幸福に思います。

posted by 宮崎佐和子 at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) |   漆の木の住人

2009年05月20日

■ウルシの花とミツバチさん。

工房の庭のウルシの木たちが、次々と花を咲かせてにぎやかです。径5ミリほどの小さいお花なんですが、やっぱり晴れがましげというかいっそう木が活気づいたように見えます。ぴかぴか(新しい)

バッド(下向き矢印)下の二枚は、クリックで写真が拡大します。
5_19_hana_1_.jpg
5_15_obana_2_.jpg


う〜ん、ビッシリ花が咲いていますねえ。
これは両方とも、阿波うるし(徳島産)なんです。
もちろん、どの木にも花が付いているわけではないです。

バッド(下向き矢印)例えば、この二本は同じ徳島産の分根の苗木ですが…。
(クリックで、写真が拡大します)
5_20_nae_.jpg
右側の子は「これでもか!」とこんもりと花がつきました。(←こんなにたくさん花が出たのは初めて見ました)
でも左側の子は、そんな色気はみじんも出さずにストイックです。…おなじ兄弟なのに、この違いようはいったい…。


さて「今年は木に来る虫が少ない」とやきもきしていました。この3月に工房のシンボルツリーでもあった大きい阿波ウルシの木を、諸事情によって思い切って伐ってしまい、それが関係あるのかな〜と心配になっていました。
が、よく見ると、木によってはいくらか虫たちが花に釣られて訪れていましたよ。^^


バッド(下向き矢印)元気なハナムグリさん。ウルシの花の花粉が大好きです。
5_20_hanamuguri_.jpg
カメラのピントが合わないくらいのハイスピードで、グリグリ花房の間を歩き回っています。貪欲だなあ。

バッド(下向き矢印)こちらも忙し気なミツバチさん。
5_19_hana_2_.jpg
毎日、数匹の子が同じ木にせっせと通って花の中を飛び回っています。想像なんですが、同じハチさんが来ているのではと思っています。

バッド(下向き矢印)ミツバチさんの働く様子です。
5_19_hati_1_.jpg
5_19_hati_2_.jpg
「花粉団子」もしっかり作っていますね。

このミツバチさんの「花粉団子」、子供の頃から見るたびにきな粉餅みたいに見えて、うらやましくなるんですが…いったいどんなお味なんでしょう?

さて、よく見かけるミツバチさんですが、セイヨウミツバチとニホンミツバチがいるそうです。私もあんまり知らないのですが、このウルシの花に来るミツバチは、黒っぽくて地味なのでニホンミツバチかな〜と何となく思っていました。
が、やっぱりニホンミツバチかもしれないです。


5_19_hati_3_.jpg
上がセイヨウミツバチ、下がニホンミツバチ。

「ウルシの花にミツバチが来ている」と先日日記に書いていたら、ハチに詳しい方が、写真を送ってくださいました。ありがとうございますムード
やっぱりセイヨウミツバチさんは「みつばちマーヤ」みたいにオレンジ色ですね! うちに来ている子は、やっぱりニホンミツバチみたい…いったいどこのチームから来ているんでしょう。

写真がたまっているので、まだまだいきます。


バッド(下向き矢印)星が四つのテントウムシさん。シャイです。
5_19_tentoumusi_.jpg

バッド(下向き矢印)お次はアマガエルさんたち。
5_19_kaeru_.jpg
ものすごい立体感に惹かれて撮りました。

5_20_kaeru_2_.jpg
この子は葉っぱのくぼみにうまく収まってます。
(ぱっと見はわからないです)

バッド(下向き矢印)そして、ぜひこの写真はクリックしてください!
5_20_kaeru_.jpg
この画面の中に、何匹アマガエルがいるでしょう?
(答えは4匹)


昨年はアマガエルさんが少なくって寂しい年だったんですが、今年は大丈夫かな?
こんなコロコロしたアマガエルさんたちをたくさん見かけると、「そろそろ梅雨だな」という感じが強まります。
それにしても、今年は総じて虫だちが少ないように思います。とは言っても日常、庭にちょっと出るくらいで感じることなんですが、チョウ(モンシロやアゲハ)も少ないです。
虫たちだけでなく、スズメも少ないし… 
大丈夫なのかな? 舞台は十分「春」なのに、役者が少なくてなんだか寂しい春の終わりです。

私の気のせいであってほしいです。


バッド(下向き矢印)おまけ…。

5_19_miru_.jpg5_20_nezumi.jpg最近、悪人顔が身に付いて、かわいい写真がなかなか撮れなくなったミルちゃん(左)です。けさも、でっかい獲物(野ネズミさん)を捕まえてきて、玄関に置いていました。ふらふら このネズミさんがプックリ太っていて可愛らしいんですよ。やっぱり冬場のネズミさんとは違うような… でも、もしかしたら、おなかに赤ちゃんのいるお母さんネズミだったのかもしれません。ミルなんかに捕まって、可哀相な子です。合掌。

今日もぜひぽちっと→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) |   漆の木の住人

2009年04月21日

■漆の木の生き物。

今日の昼下がりに、美しい新緑の漆の木の写真を撮りました。
木に集まった生き物の写真が撮れましたので、こちらを先にアップしようと思います。^^


バッド(下向き矢印)阿波うるしの木とアマガエル。
4/21カエル
ぺったり貼り付いて、のどをプクプクさせています。
4/21カエル
同じ子です。横からのカット。

ウルシの木肌は、黄みがかった白っぽい色をしているので、葉っぱの緑色と合わせて、こんな色になったのでしょうか。
とってもきれいです。

バッド(下向き矢印)別の子です。この子はアマガエルらしい空豆色。
4/21カエル
この子たちは、昨年越しの強者ですね。
田んぼに水が入ると繁殖期シーズンです。

漆の木には、アマガエルがけっこうたくさん隠れているんです。去年の夏はアマガエルの発生率が低かったのか、ぜんぜんアマガエルがいなくて寂しかったのですが、今年は大丈夫そうかな?


バッド(下向き矢印)カメムシさん。けっこうあちこちで見かけます。
4/21カメムシ

この他、いろんな種類のカマキリの卵が、漆の枝や幹のあちこちに産みつけられているのを見つけてて、誕生を楽しみにしているんですが、こっちはまだみたいです。
さてさて、漆の葉っぱがたくさん出てきて、庭がにぎやかになりました。またその様子をお見せしたいと思います。

バッド(下向き矢印)おまけですが… 今日も来ていました、この子。
4/21ネコさん
ネコって車の下でくつろぐのが大好きですよね。あせあせ(飛び散る汗)
カメラを向けたので緊張していますが… 横っ腹をみせてグダッと寝ていましたよ。
かなり近づいても平気になったので、いつかナデナデできたらなと思っています。ムード

きょうもぽちっと☆→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 17:03| Comment(336) | TrackBack(1) |   漆の木の住人

2008年11月23日

■シッポが二股のヤモリさん。

そういえば、少し前にタイトルのとおりの珍しいヤモリさんを見つけていました。
忘れないうちにアップしておこうと思います。^^

この尻尾が2本あるヤモリさんを最初に見つけたのは、かれこれ1ヶ月以上も前でした。2階にある私の仕事部屋の窓を何げなく開けようとした時に、この子がバッ!と部屋の中に飛び込んできたのです。あせあせ(飛び散る汗)
そのただならぬ姿に「えっ!」とビックリしてよく見ようとしたんですが、そのヤモリさんはすばやく部屋のどこかに身を隠していなくなってしまいました‥。

それから1ヶ月後。
バッド(下向き矢印)松本が家の中でそのヤモリさんを見つけました。
11/15二尾のヤモリさん。
この子です。ぴかぴか(新しい)

かなり大きくて成熟したヤモリさんです。たぶんオスだと思います。1ヶ月飲まず喰わず(おそらく)でかなりへたっています。;;

その、珍しい二本になったシッポですが‥。

バッド(下向き矢印)こんなふうになっています。
11/15二尾のヤモリさん。
ほらほら、ほんとに二股になっているでしょ?
こんなヤモリさんは初めて見ました。
一度、シッポが切れたか切れかけたかになって、再生する時に何かの具合で2本に生えてしまったのだと思いました。
本当に不思議な姿です。

この二本のシッポはどんな風に生えているかというと‥。

バッド(下向き矢印)上下に重なるようになって生えてます。
11_15_yamori_3_.jpg

ワニが口を開けたみたいな感じですね。
上のシッポが脇役で下のシッポが主役という感じで、下のシッポの方が大きくて太いです。
このヤモリさんは、写真を撮った後にウルシの木のところに逃がしてやりました。
もう11月に入っていたのですが、かなり消耗していたので冬眠できるのでしょうか。ちょっと心配です。

さて、家の周囲だけですが、ときどきこうした面白い生き物を見つけることができるので楽しいです。(去年は片目のアマガエルさんも見つけました。この時もびっくりしたなあ)
もう晩秋なので、こうした動物に会えるのも今年は終わりかと思いますが、ほんとうに自然の生み出すものって不思議だなあと感じました。

posted by 宮崎佐和子 at 21:50| Comment(1) | TrackBack(0) |   漆の木の住人

2008年10月02日

■漆の木と秋の虫たち。

台風が過ぎ去ってから、いいお天気です。晴れ
肌寒さもやや落ち着いて、秋らしい日々がやってきましたよ。(あんなに、雨が降ったのに、まだ香川は渇水です)

バッド(下向き矢印)工房の庭の漆の木さんです。イモ虫に喰われていると先日書きましたが、さらに食害が進んでいます…。
10/2漆の木
(クリックで写真が拡大します)

なかなか見事な食べっぷりです。あせあせ(飛び散る汗)
イモ虫は小さいんですけど、兄弟の数がすごいんで連携プレイが次々進行しています。(おいしいんだろうなあ)
さすがに、来年は対策考えないと。


バッド(下向き矢印)漆の実も、いい感じに熟してきましたよ。
10/2漆の実
ついこの間まで、青くみずみずしい実だったのに、ほんと時間が経つのは早いです。

漆の木の四季は、毎年見ているのですが、何度見ても飽きないです。^^
木のまわりの生き物(イモ虫さんも含め)の様子を見るのもなかなか楽しいです。


さて、この時期になると、大きいバッタさんが登場するんですよ。

バッド(下向き矢印)茶色いショウリョウバッタさん。ムード
10/2大きいバッタ

10/2大きいバッタ
なかなかの勇姿です。
(このあと、飛んで行きました)


バッド(下向き矢印)この子も大きかったですよ〜。カマキリさん。
10/2ママカマキリ

10/2ママカマキリ
お腹が大きい、産卵間近の
ママカマキリなんですね。



さて、松本から、大阪のお客様からいただいたお菓子やお土産を見せてもらいました。…こんなにいっぱいありがたいお気持ちをいただいていたなんて…。もうやだ〜(悲しい顔) 知りませんでした。
お礼が遅くなりましたが、本当にありがとうございます!
そしてお名前も分からないお客様も大勢いらっしゃいますが、改めてお礼申し上げます。
これを弾みに、これからも頑張りますね。ぴかぴか(新しい)


さて、気がつけば、かなりご注文が溜まっています。
今月は作品展続きでなかなか仕事が進まないんですが、来月は出張の予定が入っていないのでなるべく進められるように段取りをしたいと思います。

毎日楽しみにしてます^^→  人気blogランキング
にほんブログ村

posted by 宮崎佐和子 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆の木の住人

2008年05月28日

■梅雨入りしました。

四国は梅雨入りしたそうですね。雨
午後から曇って、夕方からしとしとした雨が降り出しました。

バッド(下向き矢印)今年の子ツバメさんがいました!
5/28子ツバメ
兄弟仲良く並んで、かわいいです。ムード
(一緒に写っているのは漆の木)

もうだいぶ前から梅雨の雰囲気がありました。
香川県は、この時期にしっかり雨が降ってくれないと、後が大変です。いい雨が続きますように。


おまけ。
二階の仕事部屋から見たミルミル。
ここにも漆の木が植わっています。
5/28漆の木とミルミル

外でいても、ミルはこの部屋に私がいるのを知っているようです。お昼に「みゃー」と鳴いて呼んでいました。
実は昨晩、ちょっとした事件?があったんです。
たまたま情緒不安定だったミルに私が触ってしまい、手を引っ掻かれて、まあまあな傷を作ってしまいまして…たらーっ(汗)
「あっ」と思った時には、血がたらたらと落ちていました。(左手だからまだ良かったんですが)
ふだんはそんなことはないのですが、この日は松本が新しい掃除機を作業場用に買って来て、それを出してセッティングしたりとばたばたしていたんで、神経質なミルはきっと緊張していたんだと思います。
私もうかつだったわけです。(でも指は痛い…)
それ以来、ミルに冷たくしています。笑
彼女が悪いわけではないんですが…。
ちょっと寂しそうにするミルも、またかわいいです。


今日もぼちっと…^^→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆の木の住人

2008年03月09日

■漆の木に来たメジロ。

今日も、ウルシの枝に刺したミカンを食べにメジロさんがやってきました。猫さんたちだけでなく、私たちもウォッチャーです。^^

3/9ミカンをさした漆の木
3/9ミカンを刺したウルシの木にきたメジロ
来ました! 可愛いなあムード


冬の漆の木には、何にもないのでメジロさんはふだん見向きもしません。(木のてっぺんにモズがとまっていることはよくあるんですが…)
メジロが見られるのもあと少し、楽しませてもらおうと思います。


posted by 宮崎佐和子 at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) |   漆の木の住人
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->