2007年09月15日

■仕事に欠かせない「へら」。

漆の作業では「へら」が欠かせません。
割裂させた柾目のヒノキ材を使い、へら太刀(塗師屋包丁)を用いて、好みの厚さや長さのへらを自分で削り出し、仕事に合った道具を自在に作るのです。
9/15 へら1
松本が、私に新しいへらを作ってくれました。(私はへら削りが下手なので、いつも松本が作ります)
まっさらのへら、気持ちいい!!^^
松本は、私のへらを作る時は以前、裏出しをした私のへら太刀を使っています。自分のへら太刀は自分のへらの時しか使わないんだって、ちぇ〜ダッシュ(走り出すさま)


9/15 へら2
いろんな大きさや形にして使います。
これは砥の粉さびの仕事に使っています。


この漆の仕事で使う木べらは、漆をすくう・移動させる・集めるなどのほか、さびを練ったり、あらゆる下地付けに使い、欠かせないものなのです。
しかし、すぐ切れが鈍るので心地いい状態を保つには、細やかなメンテナンス(こまめなへら削り)が必要です。
しかし、それには良い状態のへら太刀が要り、良い状態のへら太刀を持つには良いへら太刀自身と太刀の管理能力、管理道具が要り、良い砥石と研ぎの訓練が必要となります。

いわゆる「塗師屋包丁とヘラを見れば、仕事がわかる」といわれるゆえんです。
しかし、昔ならいざ知らず実際にはなかなか難しいものです。私のように?苦手だという方も多いのではないでしょうか。


9/15 へら4
今は、こんなに木目のつまったヒノキの
へら木も少なくなってしまいました。

これは片刃の作り方をしたへらです。香川県のへらは、片刃を使う職人さんが多いのです。東京の方は、両刃作りでへらを作る方が多いような気がします。
今でも地域の差があるのかもしれません。




posted by 宮崎佐和子 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) |   道具

2007年08月08日

■玉鋼の包丁。

今日は、刃物ネタです。^^

先日、松本が手に入れた、玉鋼の文化包丁。
松本が持っている玉鋼は、父ゆずりのへら太刀(塗師屋包丁)だけでした。父に弟子入りした15才の時から使っているものですが、もう研ぎ減らしているので、玉鋼でそろそろ次のものを…考えていました。

8/8玉鋼1
最近の玉鋼ってどんなだろう?ということで、試しに買ってみたのがこれ。なんと、包丁なんです。


※月面写真ではありません。笑
8/8玉鋼2
割り込み式ではなく全鋼製。すべて玉鋼だそうです。
8/8玉鋼3
この玉鋼は自家製で、山陰のとある川から砂鉄を採って自家製たたら製鉄で玉鋼を作り、芯鉄のない無垢鍛えで、仕上げたそうです。

松本が研いだ感想…。
「研いだ感触は非常に柔らかい、刃欠けしにくくまくれるタイプ。刃付きが良く、かえりは付くけどすぐ取れる。刃自体はすごく堅い気がする」
松本の持っている玉鋼のへら太刀の感触は、
「堅く欠けやすく、鋭いけど強く裏出しをすると割れてしまう。でもまあ切れるんだけどね。笑」…のだそうです。

この後は、実践。
包丁でいよいよ秘蔵?のキングルビーメロンを切ってみようと思います。


ランキング参加中、毎日ムード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 21:49| Comment(9) | TrackBack(0) |   道具

2007年07月28日

■チョウナを頂きました。

刃物や砥石が大好きな松本…。
槍鉋(やりがんな)を手に入れて「次はチョウナ(チョンナ)かな?」とつぶやいていた矢先、愛媛県西条市の舁だんじりさんから、古いチョウナを送っていただいてびっくりです!

7/28チョウナ1
これが届いたチョウナです。
チョウナとは、建築用の荒ぐり道具で、以前の家屋の梁などの木材で使われていました。今、ちょっとしたブーム(せまい世界でですが)になっているのか、人気が出だした道具です。
舁だんじりさんの母方のお祖父さんが大工だったそうで、倉の中にいくつか残っていたもののうちの一つだそうです。「刃は錆びているけど、好みに研ぎたいだろうから」と、そのままでいただきました。
良かったねえ。舁だんじりさん、ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)

7/28チョウナ2
横から見ると、こんな造形をしています。刃は両刃。
(柄はまた付け替えます)


7/28チョウナ3
刃はバチ型。肩が丸いので、松本が関西の型だろうかと言っています。中央に「鋭利保険 ○早」と銘が入っています。(残念ながら意味は分かりません)


それにしても松本の道具熱は高まる一方で(←松本いわく元々そうだっただけで急に凝り出した訳でないとのこと)刃物や砥石がどんどん溜まってきています。(- -) 道具は良いのには越したことはないのですが…家計を預かる身としてはヒヤヒヤしてしまいます。
つい先日は、全鋼製の玉鋼の文化包丁を買ってしまい、凄惨な刃紋が出てくる刃物を彼は毎晩毎晩研いでいます…。(←いつか、この日記に登場すると思います)
きっと、このチョウナも、砥石をとっかえひっかえしながら楽しく研ぐのでしょう。(そして「次はこんな砥石が要る!」と言い出すのです…)

このチョウナは、家具類(棚や卓等)や大皿などに、はつりを入れるのに使います。チョウナではつったあと、槍鉋で仕上げます。基本的には生木用の道具なので、山で木を切った後に一気に仕上げる仕事になると思います。
舁だんじりさんは、鉋や鑿で美しく仕上げた削り面の木がお好きなので、チョウナのように野趣あふれる道具は使わないそう。
「松本さんが使ってくれたら道具も喜ぶでしょう」との言葉も付け足してもらいました。大事に楽しく使わせていただこうと思います。


ランキング参加中、毎日ムード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) |   道具

2007年07月09日

■松本の『砥石まつり』。

松本が茨城に出かける前に、頼んでいた天然仕上げ砥石が、研修中に工房に届きました。
『あ…また砥石買ってたんだ たらーっ(汗) いったい砥石はいくつ溜まればいいのでしょうか…!? (>_<)
7/9砥石2
今回は、奥殿巣板蓮華という種類です。
(松本がいかにも好みそうな表情の石です)


7/9砥石3
この蓮華模様に注目!
通称「蓮華」と言われる赤い斑紋が大小取り混ぜてびっしり。
側面も裏面もしっかり入っているんです!


さて、砥石はこれだけではありません…。
松本は今回の茨城行きで、さらにお土産を買って帰ったのでした… 砥石を。

7/9砥石1
人造中砥石です。

東京乗り換えの研修の帰りには、たいてい仲間と東京でしばらくいます。
そして東京には、松本がずーっと行きたかった刃物屋さん(土田刃物店さん)が三軒茶屋にありました。いつもなら、ごはんを食べたりしてみんなと適当に時間をつぶして帰るのですが…。
「なあ、僕、行きたいところがあるんだけど行っていい?」と松本が口火を切ると「おお、じゃあみんなで行こうか〜」ということに。
そこで楽しくお店の主人とお話しして、買った人造中砥石を大喜びで持って帰る松本…。しかも、工房に戻ると、新しい天然砥石が届いているではないですか。ぴかぴか(新しい)
……旅から帰るなり、松本の『砥石まつり』がはじまったのは言うまでもありません…。ハア〜ダッシュ(走り出すさま)

しかも新しい砥石さんの調子の良さに、松本は有頂天〜。
「これは合わせ砥石もいる!」と、すぐ屋島の砥石屋に走って、東京で買ったのと同じ砥石2枚(※松本いわく「番手が違う」)買い足して今回の祭りはやっと終息したのでした…。ハア〜ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


7/9ミルおまけ。
松本の『砥石撮影会』に乱入したミルちゃん。
こころなしか、目が冷たいです…(気のせい?)



ランキング参加中、毎日ムード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 21:05| Comment(6) | TrackBack(0) |   道具

2007年06月26日

■砥石を和漆で固めました。

以前から、松本は自分と相性の良さそうな天然砥石を集めています。とても面白いのですが、天然石なので、中にはもろそうな石も当然ありまして… そんな石を、せっせと「漆」で、しかもうちの工房ならではの日本産漆でしっかり固めた記録をご紹介します。

6/26砥石1
高島薄からす(左)と高島蓮華巣板大極上(右)。

6/26砥石2
見るからにやばそうな(割れそうな)石目とピンホールがたくさんあります。このまま使っていると、水の管理をきちんとしないと確実に割れそうです。

6/26砥石3
今回は、亀裂が大きいので、いつもより漆の希釈の割合を変えて溶剤を少なめにしています。漆は大森清太郎さんの盛り漆。今回はその同重量のリグロインで希釈しました。

6/26砥石4
大きく広げたラップの上に砥石を置いて、その上に希釈した漆をかけました。

6/26砥石5
そのラップをつつんで、砥石を漆で漬け込むような状態にします。今回はこの状態で3日間置きました。

6/26砥石6
そして3日後。ラップを広げてみました。
6/26砥石7
石に吸われなかった余分な漆を拭ききりました。(ちなみにこの高島蓮華巣板の裏面は、ほんとうに割れやすそうな顔をしているなあ…)

6/26砥石8
漆を拭いたあと、リグロインを十分飛ばすために1日ほど放置した後、乾固させます。

今回の乾燥は、乾燥炉による高温強制乾燥でした。漆を深く浸透させたので、通常の漆室での自然乾燥では不十分かもしれないからです。


6/26砥石9
以前買った砥石です。
氏素性の知れない石ですが、調子が良くて
松本のお気に入り。もう欠かせません。


6/26砥石10
さてこの砥石ですが、石の周囲がじんわり色が濃くなっているのが分かるでしょうか?(味のしみたおでんの大根のように…)
これは漆が染み込んで食いついた色なんです。

6/26砥石11
刃物を軽く当てて研ぐと、こんなとぎ汁が出ます。(松本はもうウットリ…)
もともとこの砥石は「穴ポコ巣板」という種類らしく横の断面を見ると8ミリに1回くらい、刃に引っかかりそうな穴のあいた層があるのです。その危険な層が研ぎ進んで削れてなくなり、蓮華のきれいな層が全開!今は少し引いた感じです。今がすっごく調子が良いのです。が、あと5ミリ研ぎ進むとまた穴ポコの層らしいです。あせあせ(飛び散る汗)


…ああ、やっとアップできました。(^_^;
この砥石の漆固め作業は、松本がずっと写真を撮って保存しており
「和うるし日記」に載るのを今か今かと待ちかまえていたのです。
笑  でも、砥石って本当に大事です。これで刃物の調子も驚くほど変わり、作風にも変化が出てきましたからexclamation
材料もそうだけど道具も凝り出すときりがないけど、凝れば凝るだけのものはありそうです。iモード




posted by 宮崎佐和子 at 01:47| Comment(4) | TrackBack(0) |   道具

2007年04月25日

■漆かきカマを研ぐ。

最近、雨が多かったので、松本が珍しく庭の草刈りをしました。晴れ
さて家の裏の勝手口のプロパンガスを置いているところに、いつのまにかビワの木がすんごく大きくなっていたので、それも切ってもらいました。
(どうやら1〜2年前に食べて捨てたビワの種らしいです)

4/25漆かき道具1
さて外から戻ってしばらく立つと、
また“シャッシャッ”という音が…。

「漆掻き鎌」をうれしそうに研いでいますあせあせ(飛び散る汗)
さっきの外仕事で使ったんですね〜(草払いに便利なのです)


4/25砥石1
コッパ砥石(合わせ名倉)のひとつ。
先日買った鑿におまけで付いていたもの。


4/25漆かき道具2
錆び止めを塗って、刃物に見入ってます。


4/25漆かき道具3
へんな気は起こさないでね…(むぎ君)


この漆掻き鎌は特殊な刃物で、また研ぎも面倒そうです。(慣れたらどうってことはないらしいですが)
そういえば、ここしばらくは漆かきをしていないなあ。
松本はけっこうストレス溜めていると思います。(その反動が刃物や砥石に?)近くで漆が掻けるところがあれば、すぐにでも行きたいんですが。
とりあえずは、五色台(高松市)の工房の漆畑の木が十分育つまで我慢です。

さて、ふと思い出したのですが
以前松本が寝言で「ふふふ…」と笑っていたことがありまして、怖くなった私は起こして「どんな夢を見てたの?」と聞いたら
「夢の中ででっかい漆の木を見つけていた」と言っていました。パンチ
さすがなんと言うか、芯から漆の人というか漆ヲタクというか…
妙な人だなあと感心したものです。

ランキング参加中、毎日クリック→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) |   道具

2007年02月19日

■ヘラ太刀の裏出し。


松本が私のヘラ太刀(漆の仕事で使う、ヒノキ材のヘラを削る刃物)の裏出しを今まさにしてくれています。
2/19裏出し1
「なんで僕がこんな仕事を…ブツブツ」を言いながらも楽しそうに「カンカンカン」を音を立てながら作業する松本。
なぜって今回の作業には、秘密兵器?があるのです!

2/19裏出し2

鉛の金床。さっき自作?したものです。
釣り具用のおもりをガスコンロで溶かして、缶の中で固めたもの。(ほんとに溶けちゃいました…ビックリあせあせ(飛び散る汗)
これが調子よく刃物に沿って使えるんですよね。

今から、私は岡山へ仕事の(仲間との?)懇親会に行ってきます。なので、今晩帰るころには仕上がっているかな〜? 楽しみに行って来ます。


posted by 宮崎佐和子 at 17:45| Comment(12) | TrackBack(1) |   道具

2007年02月14日

■槍鉋(やりがんな)が届きました。


きょう届いた、槍鉋の穂先です!
松本はずーっと前から骨董屋さんで探していたのですが、なかなか見つからず… でもついに入手できたので、もうホクホクです。^^;
2/14やりがんな1
槍鉋。刃物がよく分からない私でも、きれいだなあと思います。

2/14やりがんな2
穂の部分はこんなに長いのです…

槍鉋は古典的な大工道具。私も実際に見るのは初めてです。
現在は、木の表面に微妙な美しい表情をつけるのに最適な道具として、重宝されているよう。
その上に溜を塗ればとてもいい感じになるだろう…と松本はもうわくわくしています。この次は、チョンナを狙っているとか。う〜〜〜ん(>_<)

この槍鉋の穂先、友人の槍鉋使いの木工家のところに行って柄入れを教えてもらう予定です。
最近、刃物と砥石の話題が多くてすみません…でもこれも漆の仕事の大事な道具なのです。ほんとうに道具って、たくさんあっても足りることはないですね iモード


posted by 宮崎佐和子 at 23:11| Comment(16) | TrackBack(1) |   道具

2007年02月02日

■新しい“砥石”が届きました。


きのうから松本はソワソワと落ち着きのない様子で過ごしていました… なぜかって言えば、待望の“砥石”が届くころだったからです。
大阪に発つ前から注文していたもので、本当に心待ちにしていたようです。

これが届いた砥石です。
(赤ちゃんみたいに、真っ白なさらしに包まれて届きました)多くはコッパという端切れの石で、しかもふつうの砥石屋さんではみかけない形のもので面白い表情の石ばかりです。
2/2砥石1
奥の門の巣板。
これはスプーンの木地を彫る幅広の丸刃用にしようと思っています。この前に買った巣板がこたえようもなく良かったので、また巣板のコッパを手に入れたのです。(今は平らですが、丸刃を研ぐので溝が付きます)
試しにちょっと使ってみると、やや荒めのよくおりる石でした。研ぎやすい。

2/2砥石2
左/待望?の高島のからす。
目が細か目の石で、やや堅いです。(傷が入りやすい?ような気が…ただいま検証中です)墨を流したようなマーブル模様の石です。
右/神前。
これは丸刃の裏押し用の砥石として、バラバラに切る予定です。

--------------------------------------

写真を見てもお分かりのように、それぞれの石にお店の人が書きつけた評価があります…(まるでヨーロッパのチーズ屋さんみたいです!笑)
これらのコメントがなんともマニアックで楽しいんです。
(松本がうれしさのあまり、よく読まずに研いでしまいコメントが消えた石もあって残念がっています)

砥石にあんまり興味のない私ですが(笑)、それでも天然砥石は吸い付くような細かい肌をもち、なんともいえない不思議な模様を持ってて神秘的な感じがします。(虎目石やラブラドライトみたいなかすかなシラーもある)
そして表面で判断して取引きをしていますが、内部にどんなものがひそんでいるのか分からないので、ちょっとドキドキします。

でも起きている時のみならず、寝ている時も砥石の夢をみている松本。(寝顔が笑っている) まさに寝ても覚めても石の事を考えているありさまで、さずがに妻はかなりひいています。あせあせ(飛び散る汗)
(あっ松本いわく、寝ても起きても脳裏に去来するのは、研ぎ心地と美しく研げた刃物の輝き、そしてその刃物で仕事したときの喜びのイメージだそうです…たらーっ(汗)


posted by 宮崎佐和子 at 20:05| Comment(17) | TrackBack(0) |   道具

2007年01月19日

■砥石を漆で“固め”しました。


引き続き、砥石のことです。
きのう松本が買った天然砥石たちですが、どれも割れやすそうな「顔」をしていたので、漆で固めました。どんな方法でその作業をしたかというと…

toisi_1_.jpg
リグロインで薄めた漆(岩手県産・裏目精製漆)を砥石にしみ込ませます。ラップに砥石を包み、そのラップの中に薄めた漆を流し込み充填させます。しばらくするとクラック(亀裂)の中やピンホールに薄めた漆が入ります。
toisi_2_.jpg
1時間程度置けば、木材ではないので十分石のすき間に漆が浸透すると思います。ラップを外して、余分な漆をウエスで拭き取ります。(しばらく置くと残ったリグロインはすぐに揮発します)
toisi_3_.jpg
漆を焼き付けするほどでもないので、ふつうに「室」に入れて乾かします。(石のきめが違うので、吸い込む漆の量が違ってそれぞれ色の濃さが変わっています)

全体に漆を施しましたが、砥石の使う面は「面出し」するので、漆の塗膜はすぐなくなってしまいます。(石自体にはほとんど吸い込まない) 天然石に隠れているクラックやホールを漆で埋めて過剰な水の出入りを止め、剥離を押さえる効果があります。
※この作業は2〜3回繰り替えします。

・・・・・・・

この前、「うわー」という叫び声が流しから聞こえてくるのでビックリしました。何ごとか?と思ったら、松本の使っていた小さなコッパ(天然砥石)の一つが、なんの前触れもなく?割れてしまったらしいのです。(割れた、というよりも二つに剥がれたという感じです。とにかくリアクションが大袈裟で驚いた)ホントにきれいに二つの砥石になってしまってたので、ちょっとおかしくなりました iモード



posted by 宮崎佐和子 at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) |   道具
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->