2016年03月06日

■『うたづの町家とおひなさん』に行ってきました。

がーーーん…。
しばらく日記を更新していませんでしたが、それにはワケがありました。
松本がギックリ腰になってしまったんですね〜〜。がく〜(落胆した顔)
そう、彼は長年のギックリ持ちなんですよ〜。冷える時期に疲れがたまるとよく勃発します。
娘はお父さんと激しく遊ぶ気マンマンだったんで、ちょっとガックリしていますが、長引かせるわけにはいかないので、しかたないです。

そんな昨日ですが、寝込んでいる松本をあとに、母と娘と一緒に出かけてきました。


↓『うたづの町家とおひなさん』に行ってきましたよ!
2016IMG_1741.jpg
13年目だそうです。
開催地の宇多津町は、香川県の瀬戸内海に面する小さな町です。
以前は塩田で栄えた町で、商家が多かったそうです。そんな宇多津の古街と言われるエリアで、のどかな町家の並びを歩き、各ご家庭や商店の保有されるおひな様を眺めながら歩くイベントです。
年数を重ねることに、参加されるご家庭が増えて、見応えのあるものとなっています。

2016IMG_1679.jpg
娘は、七五三の時の着物を着ていきました。ムード もうこの着物を着られるのは最後ですね〜。
着物を着た人には、手作りのかわいい巾着袋のプレゼントがありました。小さいお子さんも大人の女性も着物を着た人がけっこう多かったので、浮きませんでした。
2016IMG_1719.jpg
こんなふうに、企画に参加された町家の窓ごしにおひな様を眺めます。
時代もさまざまなおひな様がたくさん並んでいるお宅もあって、たくさんお嬢さんのいたお家なんだろうな〜と思いました。


↓明治の古いおひな様もありました。
2016IMG_1736.jpg
品のあるお顔ですね。ぴかぴか(新しい)
2016IMG_1705.jpg

2016IMG_1717.jpg

お昼ご飯は、公楽 さんへ行きました。
おかずの段しか写せませんでしたが;; おひな様弁当でしたよ。

やはりというか、娘がぐずったり、行きたい方向とは違うところに進もうとしたりあせあせ(飛び散る汗)
また着物を着ていたので、なるべく汚さないように気を張っていたので、あまり写真も撮れないうえに、そんなに街を見て回れませんでした…。もうやだ〜(悲しい顔)
(しかたありませんが)
毎年、3月第一週めの土日に開催されていますので、お近くの方はぜひ行ってみてくださいね。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2015年07月04日

■古木里庫さんの「はしもとみお展」で店長むぎ君を彫ってきました。

今日は、ずっと前から楽しみにしていた、この作品展に行ってまいりました。ムード

2015IMG_9269_2.jpg

彫刻家はしもとみお展「木のどうぶつえん」
期間/2015年7月4日(土)〜12日(日)※期間中無休 10:00〜17:00
会場/古木里庫
   香川県三豊市仁尾町仁尾乙264 TEL 0875-82-3837


若手彫刻家のはしもとみおさんの個展です。
最近では、ユニクロのCMでも登場されてらっしゃったので、その印象が残っている方も多いと思います。
いきいきとした動物たちの彫刻は、命が宿っているようで、その魅力にはまったファンは数多くいらっしゃいます。
今日は、そんなわくわくの作品展におじゃまするだけでなく、なんと!松本がワークショップに参加して、猫の座像を彫る事にあいなりました。
モデルはもちろん…!店長のむぎ君です。


バッド(下向き矢印)今日が初日でした。
2015IMG_9313.jpg
あいにく小雨の朝でしたが…開場1時間前から、ファンのお客様が入口までつめかけて待機していました。

古木里庫 はしもとみお展1
いらっしゃい!お出迎えのワンワンです。


バッド(下向き矢印)いっぱいカワイイ動物たちが!興奮気味の娘です。
古木里庫 はしもとみお展2
大きな動物たちはやさしくならタッチOK、会場の作品の撮影もOKとのこと。
一眼レフ持参しましたが、娘の挙動の監視役でもあるので、神経を張りつめている私です。
(松本はすでにワークショップ中)あまり写真が撮れませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
リアルなカメさん
やたらリアルなカメさんです。大人も子供ものぞきこむ。

2015IMG_9273.jpg
小さな動物群。

2015IMG_9296.jpg
マンドリルさん。

やはり、犬&猫に人気集中でしたが、おさるさん系の彫刻もたくさんあり、そちらの迫力がすごかったです。
古木里庫さんの雰囲気にピッタリ合っていましたよ〜。
撮影OKということで、彫刻たちと記念撮影する方であふれていましたが、意外とお子さんはすくなく… 大人のお客様が、動物目線となって、いっしょうけんめいカメラやスマホを傾けていたのが微笑ましかったです。


バッド(下向き矢印)こちら、猫の彫刻のワークショップ中です。(明日は犬の彫刻)
2015IMG_9285.jpg
古木里庫さんの2階の会場で、10〜13時の3時間、飲まず食わずで一気に彫り上げ、彩色までします。
中央のあやしいおじさんが松本です。
彫刻の材は何を使うんだろう?定番のクス?ヒノキかな?と昨夜松本と話していたんですが…。
はじまったとたん、フワッと清々しい芳香があったので、クスだなと思いました。

昨夜遅くまで、自前の彫刻刀をズラッと並べて研いで準備していた松本…。
ワークショップは彫刻刀を貸して下さるんですが、マイ彫刻刀を何十本も持参して浮きまくってたらどうしよう?とちょっと心配していましたが…。
そんな心配は無用でした。プロの方、腕に覚えのある方が多数で、ほとんどおじさまおばさま。やたら濃く迫力あるメンバーでの教室となっており、熱気ムンムンで圧倒されました。(その多くが県外からお越しの方だそうで…)
彫りたい猫ちゃんの写真資料持参とのことで、そんな迫力ある方が、愛猫の写真をスマホからずらっと出して眺めている様子はかわいらしかったです。

そして…。

バッド(下向き矢印)血糖値がさがりまくった午後13時。皆さんの猫ちゃんが並びました。ムード
はしもとみお展 ワークショップの猫
うわっカワイイexclamation 
いろんな表情のニャンコの勢揃いです〜。むぎ君はどれかわかりますか?(正解は左から三番目)
どれもじゅうぶんステキなんですが、「ううう時間がたらん…」「もっと彫りたい」という、うめき声があちこちからもれます。

はしもとみおさん
お話をしてくださる、はしもとみおさんです。ぴかぴか(新しい)
ホント小柄でかわいらしい方なんですよね。大きなダイナミックな作品を生み出すのですから、すごいです。


バッド(下向き矢印)完成したおすわりむぎ君。
むぎ君の彫刻12015IMG_9397.jpg
つまみぐいがバレた時の、やましい顔です。(ちょっとイカ耳になっています)

むぎ君
店長、何思う…。(うれしくなさそう)


娘が限界だったので、ワークショップ終了であわただしく帰りました。
3時間の間、娘がそそうをしないよう、外へ遊びに連れ出したり、お昼を先に食べさせたりと神経を張りつめて私はすごく疲れました。
松本は、明日一人でもう一度会場へ行って、ゆっくり鑑賞してくるそうです。
彫刻が主流ですが、絵画やスケッチもあって、そちらも負けず素晴らしかったです。
遠方の方もぜひごらんになってくださいね。わーい(嬉しい顔)

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:47| Comment(6) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2015年05月19日

■善通寺フラワー&ガーデンフェスタ2015のレポです。

ぶじ、善通寺フラワー&ガーデンフェスタ2015が終わりました。
たくさんのご来場、ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)
簡単ですけど、レポを少しご紹介したいなと思います。

2日目の日曜日は、初日とはうって変わり、快晴だったのでさらにお客様が多かったです〜。
2015IMG_7600.jpg
やっぱり、男子の木工旋盤注目度高し!「どうなっとるん?」」といろんな角度で観察です。

さて、会場で実演に貼り付いている松本の代わりに、私が会場をいろいろとまわってまいりました。


バッド(下向き矢印)まずは今回の企画のひとつ、多彩なお教室コーナー。
2015IMG_7426.jpg2015IMG_7355.jpg
NPOジャパンハーブソサエティーさんのミニブーケ教室と、ふしぎ花倶楽部さんによる押し花教室です。ムード
どちらも女性客でいっぱいです。
ほか、木型工房市原さんで和三盆糖のお干菓子作り、開耶香房さんの苔玉教室、竹細工教室などと多彩でした。

バッド(下向き矢印)技と完成を競ったお花の作品も多数展示。
2015IMG_7521.jpg

2015IMG_7408.jpg

←こちらのかくれんぼちゃんの作品は、
「え?」とのぞきこんだり、一緒に写真を撮ったりする人多数。














バッド(下向き矢印)ガイドウォークも開催。
2015IMG_7363.jpg
広い公園内を探索し、各地点に仕込まれた?自然に関する問題をガイドさんとともに解きます。
最上の「わらべの谷」で最終問題。ここで景品のお花の苗をもらって、解散となります。

2015IMG_7583.jpg
「わらべの谷」のマスコット、ヤギの花ちゃん。(あと、雄の岳ちゃんもいます)
ヤギさん会いたさに、子供たちもがんばって上まで上がります。


バッド(下向き矢印)緑の中の一服。「わらべの谷」で野点もあります。
2015IMG_7571.jpg
2015IMG_7587.jpg
わたしもお茶をいただきました。ぴかぴか(新しい) お茶菓子は柏餅です。
お道具も少しみせていただきましたよ〜。


あ、美味しいものもいろいろ出店されていましたexclamation


バッド(下向き矢印)ダイシモチ麦入りの唐揚げ&コロッケ。
2015IMG_7366.jpg
2015IMG_7466.jpg
その場で揚げてくれました。ただいま善通寺市イチ押しの農産物、ダイシモチ麦入り。
香ばしくモチモチした食感です。(うちでは、麦ご飯にして食べていますよー)


バッド(下向き矢印)新鮮!キウイのスムージー。
2015IMG_7454.jpg
善通寺市農業経営者業議会さんの出品です。「ためしてガッテン」で話題になった、島田さんのキウイを使っているそうです。爽やかな味わい ♪♪

ランチ
La SaLute 主宰 中野誠司さんおしゃれでしょ〜! ランチは、La Salute(ラ・サルーテ)さんのランチパックです。
チーズのバケットサンド、ペンネとグリンピースのハーブトマトソース、具がタップリのフリッタータ、ハーブの サルシッチャ(腸詰め)のおかず入りです。ハーブがよく効いて緑たっっぷりの会場に良く合いました。
ドリンクはバラのコーディアルをお願いしました♪♪
La SaLute 主宰、シェフの中野誠司さんです。





バッド(下向き矢印)ランチにこちらも人気でした。
2015IMG_7508.jpg
お肉タップリの松坂屋さんの「オリーブ牛丼」。香川県のブランド和牛、オリーブ牛がぜいたくに使われています。丼は小さめですが、お肉がしっかりと入っていて、これで500円はお得です。ぴかぴか(新しい)
ほか、オリーブ牛のハンバーグ丼もあったんですが、人気過ぎて近付けませんでした…。もうやだ〜(悲しい顔)


バッド(下向き矢印)ガーデン用品&お花の苗のお店も多数出展。
2015IMG_7435.jpg

ほか、ガーデンコンテストやコンサートも行われていたようです。(これまた近付けませんでした;;)
地元のイベントに参加するのは久しぶりだったんですが…。思いがけない方にバッタリお会いできたり、遠くからわざわざ見に来てくださったりといろんな方にお会いできて、忙しくもたのしいひと時を過ごすことが出来ました。ハートたち(複数ハート)


バッド(下向き矢印)戦利品の拾ったさくらんぼを見せる娘です…。
2015IMG_7560.jpg
(この写真は、お父さんっぽい顔… 最近は私の方に似ています)
二日目の日曜日は、私はあいにくのこぶ付きで;;あんまり会場でいられませんでした。
私が初日に会場へ着けていった、椿の木彫ブローチを狙っていて、自分も着けるといってきかないので、人生初のアクセサリー装着です。もうそんな自我が芽生えているとは〜。ふらふら
会場は、いつも娘が遊びに行っている公園なので、いつもと違う雰囲気で楽しんだようです。

このイベントは、5月に毎年行われ、今年で13回目になります。
また来年も開催されますので、ぜひお越しくださいますと嬉しく思います。わーい(嬉しい顔)

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2015年05月16日

■イベント開催中です。(善通寺フラワー&ガーデンフェスタ2015)

今日から、善通寺フラワー&ガーデンフェスタ2015が始まりました。ムード
善通寺フラワー&ガーデンフェスタ2015 入口
あいにくの小雨…。それにもかかわらず、大勢のお客様がお越しくださっています。わーい(嬉しい顔)
県外からいらした方も意外と多くてびっくりしています。


バッド(下向き矢印)工房のブースは管理棟内です。この「漆ちょうちん」が目印。黒ハート
和うるし工房あい  ちょうちん

松本和明 木工旋盤 善通寺フラワー&ガーデンフェスタ2015 
ちょうちんの下には木工旋盤。松本が木地を荒挽きしております〜。
当初は音が大きいかな?と思い、近隣のお店の方に「うるさかったらすみません;;」とご挨拶にまわっていたんですが…。
あれれ??意外と大きな音はしませんよ、よかったー。重量250キロの定盤が効いているのかも…。

2015IMG_7487.jpg
さすがに目立つらしくあせあせ(飛び散る汗) 大勢の方がごらんくださっています。
(もしかしたら、漆屋さんではなく木地屋さんだと思っている方がいるかもしれません…)


バッド(下向き矢印)ブースには、漆関連のパネルも展示していますよ〜。
ぶらり漆紀行
上は、松本が平成17年に文化庁の研修で、日本各地の漆樹液産地や植栽地を取材した時の資料です。

今回は作品の販売はしていません。(ごめんなさい!) 工房の活動の発信や、国産漆についての展示です。
あと、松本が思いっきりお客様の前で木工旋盤で木地を挽きたい!!という意向で?このような内容になっています。たらーっ(汗)
ゆるーい内容ですので、ゆるりとお立ち寄りください。



あ、そしてほぼ一番乗りの勢いで、おとなりのブースの木型工房市原さんと和三盆体験ルーム豆花さんのところへ行きました!

和三盆木型
ため息の出るような美しい、和三盆の木型がたくさん展示されています。ぴかぴか(新しい)


バッド(下向き矢印)とても気になっていた、和三盆のお干菓子作り体験をさっそくさせていただきましたよ〜。わーい(嬉しい顔)
和三盆 木型 むぎゅ〜君
使った木型は、善通寺市の特産品「ダイシモチ麦」のゆるキャラ、むぎゅ〜ちゃんです。
和三盆糖を型抜きするのは「とってもかんたんですよ♪」とのことですが…。どきどき。


お手本です。
2015IMG_7387.jpg2015IMG_7389.jpg2015IMG_7392.jpg2015IMG_7396.jpg
ボウルに入れた和三盆糖に軽く霧吹きで水分を含ませる → ぎゅっと握るようにしながらよく混ぜる → 裏ごしするようにふるいにかけて均一に → 合わせた木型にギュッと詰める → へらですりきり、木型をコンと叩いてそっと和三盆を取り出す。

水分の具合が大事で、ふわっとくずれやすくなったり、カチカチになったりするんだとか。
なので現場では水分管理がシビアですが、こうした場では気楽に楽しんでもらっているそうです。わたしもどきどきしながら不器用に作らせていただきました…。


バッド(下向き矢印)あっという間に、むぎゅ〜ちゃんのお干菓子のできあがり。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
むぎゅ〜君 和三盆
カワイイ! しかもこんなに小さいのに細工が細かい…。(すご)
すぐ食べられますが、このまま数日間置いて乾燥させるとよいでそうです。
とても楽しいですよ〜。人気ブースですが、ぜひごらん下さいね。

かんたんですが、とりあえずイベントのご報告をいたします。わーい(嬉しい顔)

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 14:52| Comment(4) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2014年05月23日

■ライオンの赤ちゃんと触れ合いました。(しろとり動物園)

最近、夜7時になっても周囲が明るいのでビックリです。
夏至がもう来月ですものね… 春が待ち遠しかった寒い日々が噓のようです。

さて、松本が東京出張の間に、私は母と娘と一緒に、香川県東かがわ市にあるしろとり動物園に行ってきました。わーい(嬉しい顔)
今日はそのことをご紹介したいなあと思います。



バッド(下向き矢印)園内のアルマジロ君です。
しろとり動物園 アルマジロ

動物園なんて、何年…いや十何年ぶり?もしかしたら10年、20年単位でご無沙汰かもしれません。たらーっ(汗)
お目当てはかねてより気になっていた、ライオンの赤ちゃん

ライオンベビー1

しろとり動物園では、3月28日にライオンベビーが3頭誕生し、5月から希望者には「抱っこ」させてもらえるという企画を行っているのです。

生まれて1ヶ月半、もうめちゃくちゃ可愛いだろうな〜、サイズは店長くらい?
むぎ
(← ただいま体重6キロ少々)

ネコと比べて抱っこの感触は? 
もう牙が生えているんだろうか? もしかして鋭いツメでひっかかれちゃう?


…と期待しまくりです。
憧れだったライオンベビー、ご紹介したいなと思います。ハートたち(複数ハート)


しろとり動物園
現在、ライオン赤ちゃん抱っこ会は毎日12時半と14時半の2回行われています。
GW中は整理券が配られ、各30組限定だったのですが、今はもうフリーになっています。
予定時間が近付くと、園内の皆さんは急にソワソワし、中央ステージにどんどん集まり出しました。


バッド(下向き矢印)じゃーーん。ライオン三兄弟の登場です。
しろとり動物園 ライオンベビー兄弟
か、カワイイexclamation×2
男の子はレオ、女の子はルイ&レディーちゃんだそうです。(どれがどの子か判別つかず;;)
ライオン赤ちゃん2 ふにゅ〜〜〜。
おお〜よしよし。ぴかぴか(新しい) みんなからナデナデされて、ライオンちゃんはご機嫌です。
とっても人なつっこい〜可愛い。二人きりになりたいなあ〜。
「抱っこ会」は三匹のうち二匹がステージに行き、順番に並んでだっこさせてもらえるというものです。
残り一匹がこの緑の人工芝の枠スペースの中で走りまくり、お客さんに愛嬌を振りまいてナデナデしてもらいます。
私も順番に並んでライオン赤ちゃんを抱っこし、枠の中の子もヨシヨシしました。わーい(嬉しい顔)


バッド(下向き矢印)気になっていた、ライオンさんのパーツ。真珠の乳歯と、肉厚でウチワのような肉球…。
2014MG_5703.jpgライオン赤ちゃんの足
歯は乳歯で、犬歯もちいさいものでした… 噛まれても痛くない!うれしい!
ベビーは子猫と同じ、かまってもらうの大好きで、テンション高く何度も突進してきて手をカミカミしてきました。(もっと噛んでほしい〜)

生後1ヶ月半のライオンは、思ったよりかは小さかったです。
店長よりも小柄のうり坊(体重5.8キロ)と同じくらいでした… が! 胴体はうり坊くらいですが、頭と手足のサイズがぜんぜん違いました。でっかいアゴと太い手足、グローブのように広がった大きな手を持っていました。なので、体重はうり坊よりあるかと思います。
お耳にもビックリで、これも肉厚でまるく大きく、しっかり毛に覆われてネコとかなり違うものでした。
そして、抱きごこちはフニュフニュexclamation×2 ふわふわです。
まだ骨格は頼りなく、ネコとおなじくらいの柔らかさでした。
毛は、一見粗いのかな?と思いましたが… これも粗いのは表面の少しの毛だけで、細かくフワフワの毛がびっしりとあり、とても気持ちよいのです。
うぎゃう〜と小さな怪獣のような?なんとも表現しがたい鳴き声で、将来の大きさを思わせました。


ライオンさんとこんにちは。娘もライオンさんにこんにちはしました。ムード

そこに…


バッド(下向き矢印)サプライズで、なんとトラの赤ちゃんも参戦しましたよ。
タイガーベビー
うわ… この子もかわいい。キレイ。ぴかぴか(新しい) 店長とぜんぜん違う。(←当たり前ですが)

このタイガーベビーは生後1ヶ月くらいだそう。(お名前はまだなし)
ライオンと違ってデリケートなので、この子はタッチはNGなんです。
でも、ライオンちゃんととっても仲良しでビックリしました。


バッド(下向き矢印)「よっ来たか!今日も遊ぼうぜっわーい(嬉しい顔)」 …という感じで、すぐに激しいプロレス開始…。
トラとライオン赤ちゃん4
トラとライオン赤ちゃん1
トラとライオン赤ちゃん2
…どうやら先に生まれたライオンちゃんの方がパワーがあるようで、トラちゃんやや苦戦。
(のちほど3兄弟に組み敷かれて、トラちゃんは青色吐息になります)

トラとライオン赤ちゃん4
トラとライオン赤ちゃん5
バッド(下向き矢印)お客さんのおねえさんにタッチされてるライオンちゃん。
トラとライオン赤ちゃん3

はあ〜〜それにしても、トラの毛皮は美しいですね…。ぴかぴか(新しい)

2014MG_5882.jpg.2013_2895-thumbnail2.jpg店長とだいぶ違うなあ〜。

ほかにもいろいろ動物がいて、たくさん写真を撮っていたんですが…。
膨大な量となりますので、今回はライオンベビー中心でご紹介しました。

ライオンベビーの瞳
2014MG_5999.jpg

ライオンベビーの瞳は、ぼうっとかすんだような遠い色をしていて不思議な感じでした。
あと1年経ったら、トラもライオンもとても近寄れないような、成獣になっちゃうんですよね。
そう思うとなんだか寂しいような気がしました。


抱っこ会は、今月いっぱいまで開催の予定だそうです。
赤ちゃんの体調によりなので、確認をしていったほうがよいかもしれません。黒ハート


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:56| Comment(1) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2014年05月14日

■2014年 善通寺「花へんろ」後期に行きました。

伊勢丹新宿店さんで、壱木呂の会展が始まりましたexclamation
毎日日替わりで、そうそうたるメンバーによるイベントがありますので、いつ行かれても楽しめると思います。
また、数点ですが、松本も出品しております。
松本は17日(土)〜19日(月)に会場にいる予定ですので、よろしくお願い申し上げます。ムード


さて、きのうおとといと、母と一緒に2014年 善通寺花へんろ後期に行ってきました。※前期の様子
少しその様子をお見せしたいなと思います。


バッド(下向き矢印)後期はバラが主流のオープンガーデンです。
花へんろ1

「花へんろ」とは…。
花と緑の町づくりを目指す善通寺市が講習会を開き、その会に参加したガーデナーさんが集まって平成15年に発足した「善通寺ガーデンクラブ」のメンバーのご厚意によって開催されるイベントです。
オーナーさんが日ごろ丹誠込めて花を育てている美しいお庭を、期間限定で開放してみせて下さいます。ムード
後期は5月12、13日の2日間で、5軒のおうちのガーデンがひらかれていました。

美しいバラの数々…ごらんください。


花へんろ 薔薇1

花へんろ 薔薇2

花へんろ 薔薇3


花へんろ 薔薇5


花へんろ 薔薇 8花へんろ 薔薇4

花へんろ 薔薇7


う〜〜ん、キレイ。ぴかぴか(新しい) お花の名前が分かれば、もっと楽しいのでしょうね〜。
ゴーギャンという名前の絞り模様の珍しいバラの花もあったのですが、撮りそこねてしまいました。


バッド(下向き矢印)こちらは和風のお庭… お庭の主のモモちゃんです。
バラ園の猫
まるで初夏の避暑地のよう…。
陰影の濃い和風のお庭に、バラをはじめとする洋花の空間がたくさんあってステキでした。ムード


バッド(下向き矢印)モモちゃんと仲良くなりた〜い!の娘です。
猫さん
要領を得た娘は、さりげなさを装って?ベンチのお菓子に大胆に近付いておりました。
(手作りクッキーなどをいただきましたよ…ありがとうございます)

ふだんのお庭の管理もそうですけど、こういったイベントで不特定多数のお客様をお招きすることは、オーナーさんにとっては大変ですよね。
善通寺市内には、秘密の花園のように美しいお庭のおうちがとっても多いのでなぜかな〜と思っていたんですが、こうした会の方々が活動されてらっしゃるんですね。

バラとは縁のない暮らしの私ですが…(あるのはウルシの木だしあせあせ(飛び散る汗)
とってもすてきな気持ちにさせていただきました。わーい(嬉しい顔)

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2014年03月17日

■第31回香川の漆器まつりに行ってきました。

この土日は、気持ちいいぽかぽか陽気でしたね。晴れ
昨日の16日の日曜日、母と一緒に娘と第31回香川の漆器まつりに行ってまいりました。
会場の高松市の玉藻公園まで、工房から車で約1時間ほど。子供を連れての遠出?の時に、いろいろお出かけ荷物を考えていると必ず何か大事なものを忘れて出ています…。
この日は、なんとカメラを忘れて出かけてしまい、ちょっとショックです。もうやだ〜(悲しい顔)
松本にスマホを借り、写真を少し撮りました。


バッド(下向き矢印)香川の漆器まつり参加社プレートです。
香川の漆器まつり1
香川県漆器工業協同組合の会社です。みなそうそうたる顔ぶれ…。
うちの工房は間違いなく最少人数かつ最弱です。(会社でもないし 汗)

会場は、器や小物が中心の「小物の部」が「蘇鉄の間」という部屋で開催されています。
家具を中心とした「大物の部」は、「大書院」という広間で皆さん出展されています。


バッド(下向き矢印)こちらは蘇鉄の間、小物の部です。
香川の漆器まつり2
出展社/一和堂工芸(株)、(株)川口屋漆器店、光淋堂漆器店、(有)讃光商会、(株)漆器のまつだ、新光工芸(株)、西岡春雪漆工房、文新堂漆器工業(有)、和うるし工房あい

このように会場はお客様でいっぱいでしたexclamation


香川の漆器まつり2
この「蘇鉄の間」という名前の由来ですが、中庭の大ソテツが見えるお部屋なんです。
ジュラシックパークを思わせるような、エキゾチックな風景です。(左にいるのは娘と松本です〜)


バッド(下向き矢印)こちらは大書院の間。家具を中心とした、大物を出展されています。
香川の漆器まつり4
出展社/漆工房佐々木、(株)オカヤ、柏漆器店、(有)瀬戸内漆器、中田漆木、 西岡漆器店、藤沢木工(株)、(株)邦光堂、真鍋商店、(株)三浦、(株)モリシゲ、(株)森嘉吉商店、渡辺漆器店

香川の漆器まつり5
香川県は、座卓の生産が日本でトップクラスなんですよ〜。漆の座卓なんて素敵ですよね。
お値ごろのものもたくさんあり、こちらもお客様がひっきりなしでしたよ。
ここ最近、座卓の売れ行きは好調で、品薄のお店もたくさんあるようでした。


バッド(下向き矢印)私の母校、高松工芸高校の生徒さんたちの展示もありますよ。
香川の漆器まつり 6
生徒さんの作品の数々や、香川漆器の伝統技法の蒟醤などの制作見本をお披露目しています。ぴかぴか(新しい)


バッド(下向き矢印)高松工芸高校デザイン科の生徒さんによる、漆PRプロジェクトも。
2014DSC_0266.jpg
話題になった、漆のゆるキャラもお披露目されておりました。


茶会1
また、香川県の漆聖・玉楮象谷の第146回忌を迎えた追悼茶会も行われていました。
この日はお煎茶でしたよ。(上の写真は4年前のもの)
私は子供がひっついているので、入れませんでしたが…。
このお茶会は大人気で、お茶会目当てのお客様も大勢いらして、漆器まつりもごらんになってくださいます。ムード
お道具もステキなんですよ…。玉楮象谷をしのぶお茶会なので、それにちなんだ古い香川漆器がよく出ています。
今年のお道具はなんだったんだろう… 気になります。


さて、今年は工房のうつわを見に、わざわざいらしてくださった方々、本当にありがとうございました。
お客様のご来場が重なってあせあせ(飛び散る汗) あまりお話しできなかった方もいらして、本当に申し訳ありませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
また、お気軽にお問合せを下さいますと幸いです。



河津桜さて、今日のおまけ写真は…


帰りに見た満開の桜です。ハートたち(複数ハート)
「河津桜」という、早咲きのお花なんだそうです。
濃厚なピンクでふっくらした花形で、とても可愛らしい。
娘も大喜びで、お花を見ては「んーー!」とはしゃいでいました。
桜っていいですね〜。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2014年02月15日

■日光東照宮の修復現場を見学してきました。

記録的な大雪の中、松本が日本うるし掻き技術保存会の視察研修旅行に行ってきました。ムード

浄法寺で漆掻きをする松本和明なつかしい…。
←研修生時代のやせていた松本です。

さかのぼること14年前…。
松本は2000年度の長期研修生として、岩手県二戸市浄法寺町に滞在し、漆掻き研修生として漆掻きを学びました。
そのご縁で、ときどきこのような研修があったりします。
(でも、最近は工房の繁忙期と重なり、ほとんど行けなかった)

研修生の仲間から「アイツ最近付き合い悪いなー」と言われており、ごめんごめんと思いつつもなかなか機会がありませんでした。今回は、幸いなことに2月になり、参加することが出来たのです。(ただし、大雪に見舞われるというアクシデントがありましたが ふらふら;;)


今年の行き先は、栃木県の日光東照宮です。


バッド(下向き矢印)かのユーモラスな三猿くんです。
みざる

なぜ、日光東照宮が研修先なのでしょう?
実は、ここは間違いなく、日本で国産漆を最大に消費している場所なんです。

この日光東照宮は壮大な歴史的建築物で、2007年より大修復作業が行われている最中です。
その修復には漆が不可欠ですが、この「平成の大修理」とよばれる大プロジェクトには、すべて浄法寺漆が使われるようになりました。

どんなに「国産漆はすばらしい」と言葉でほめていただいても、それを買って使っていただく場面がないと市場は縮小していく一方です。
そんな浄法寺漆の大半がやってくるこの修復現場は、浄法寺漆にかかわる人々にとってはたいへん大事な場所なんですね。


バッド(下向き矢印)修復作業を手がける財団法人・日光社寺文化財保存会です。
日光社寺文化財保存会

今回は、特別に修復現場の見学と撮影を許可していただきました。
おかげで貴重な現場を間近でみることができましたよ。ぴかぴか(新しい)


バッド(下向き矢印)こちらは陽明門。この中で修復作業が行われています。
DSC_0072.jpgDSC_0078.jpg

修復現場1

わあ、びっくり!?
みやびだった建物の内部は、いまはこうなっているんですね〜。

ガッチリ足場が組まれて、資材が積まれて
ライブな作業現場となっていますよ。
これを見ただけでも、修復作業はたいへんな作業だということが伝わってきます。






















さて、場面は変わりまして…。
次は別の修復現場へ案内していただきました。


バッド(下向き矢印)修復作業中です。(彩色の仕事をされています)
修復現場2

DSC_0修復現場3


←そして別の職人さんが、
使っている浄法寺漆をみせてくださいました。ムード

修復現場4


それにしても、寒くて漆がなかなか乾きにくい環境でのお仕事、本当にたいへんだと思います…。
お忙しいところ、貴重な作業現場を見せてくださいまして、ありがとうございました。
実際の現場では苦労の連続のことでしょう。
漆かき職人さんが苦労して採取した漆たちが、こうして美しい国宝や重要文化財に姿を変えて、日本の文化を支えているというのはとてもすばらしいことですね。
見ていた私たちもとても励まされました。ムード


名残惜しいのですが、あっという間に時間が過ぎ去り…。
積雪の交通マヒのニュースを聞いて、余韻に浸る間もなくあわてて四国にもどった松本でした。あせあせ(飛び散る汗)



雪とミルさて、そのころには…。
工房ではチャレンジャーのミルミルが、雪の中を必死で探索していました。
(ううっ寒そう…)


いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2013年12月15日

■古木里庫さんの「2013冬至100万人のキャンドルナイト」に参加しました。

先日、伊勢丹さんからの荷物がやっと戻ってきました。ムード
う〜ん、お帰りなさい!!かなり荷物が小さくなって戻ったようで、きっと今頃はいろんなご家庭に可愛がっていただいているのでしょうね…。そして、昨日今日とずっとこの荷物の整理をしていました。
お預かりした荷物もありますので、どうしてもちょっと慎重になりますね。あせあせ(飛び散る汗)
そして、何件かお問合せもいただいておりお待たせをしています…。あすから順次お返事をいたしますので、今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

さて、そんな昨晩ですが、珍しく?家族でちょっと外出をしました。
地元のイベントに参加してきたんですよ〜 (出不精なので、めったにないことです)


香川県の仁尾町にある、古材と薪ストーブのお店『古木里庫』さんのイベントです。ちょっとご紹介したいと思います。
※2013冬至100万人のキャンドルナイト


バッド(下向き矢印)12/14土曜の夜…18時からのスタートです。
古木里庫 1

2003年からはじまったキャンペーンイベントだそうです。
冬至(あるいは夏至)の日に「電気を消して、大切な人と一緒に炎の灯りだけで過ごすひととき」を楽しむシンプルなイベントなんです。原始の光の中、見失いがちな大事なものを思い出そうという趣旨なんですね…。
この古木里庫さんも初回から賛同しているそうです。

18時かっきりのオープンだったのですが、もうお客様で人だかりでした。



2013_IMG_9186.jpg

金時人参のポタージュとことこのパン
天然こうぼパン「とことこ」さんのパンと、カフェド「フロ」さんの金時人参のポタージュをいただきながら、薪ストーブでホカホカの会場でくつろぎます。ムード
2013_IMG_9217.jpg
19:30より電気を消して、消灯…。炎のあかりだけとなります。
そしてこの会場で橋本秀幸さんのピアノコンサートが始まります。

暖炉薪
会場の古木里庫さんでは、ホカホカの薪ストーブがあちこちに設営されています。薪ストーブって、憧れますよね。ハートたち(複数ハート)ストーブはいろんな種類があるのでびっくりしました。 しかも炎がキレイで煙くないし。(ホントに体がよくあたたまり、いつまでもポカポカしていました…)薪が近くに積んであって、ときどき係の人がくべてくれます。


2013_IMG_9206.jpg
2013_IMG_9207.jpg
キャンドルカバー用の紙が、古木里庫さんの廊下の台に置かれていて、皆さんそれぞれ好きな絵を描いて、空き瓶のキャンドルに巻いていましたよ〜。ロウソクの炎でこんなに可愛いキャンドルが出来上がり! 
手際よく描かれていたので、毎年の常連のお客様なんでしょうね。
2013_IMG_9247.jpg

2013_IMG_9236.jpg
2013_IMG_9231.jpg
無数とも思えるキャンドルがまるで星空のように輝きます。

炎って、初めて会う人との垣根もかんたんに取り払ってくれますね…。キャンドルとストーブの炎のラッピングで、知らない人とも違和感なく肩を並べて、ゆったりとした時間を、ここで過ごしましたよ。原始の光って、ほんとうに心癒されます。
娘がぐずりだしたので、ピアノコンサートはあきらめて会場をあとにしましたが…。
薪ストーブのぬくもりがいつまでも体に残っていて、心地よかったです。

以前から一度は行きたいなーと思っていたのですが、今年は参加できてよかったなあと思いました。exclamation
…さあて、しごとしなくちゃ。

いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:55| Comment(4) | TrackBack(1) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2013年11月09日

■フィールドミュージアム SA・NU・KI 2013に行ってきました。

昨日、ショップ和×和に朱溜の小皿をアップいたしました。赤い小皿可愛いですよ。ぜひ、ごらんくださいね。ムード

さて、ただいま松本は広島の福屋さんで作品展中ですが…。
娘とお留守番の私は、香川県東かがわ市で開催中のフィールドミュージアム SA・NU・KI 2013におじゃまいたしました。興味のある方が大勢いらっしゃると思いますので、少しご紹介したいなと思います。



大きな地図で見る


フィールドミュージアム SA・NU・KI 2013は、讃州井筒屋敷という古い商家を中心に、引田町の古い町並み一帯で行われるアートフェアで、作家さんと使い手さんの交流の場のイベントです。
毎年開催されているのですが、私は一度も行ったことがありませんでした…。

今年こそ!と、県外で働いているオトーチャンを差し置いて、私の母と一歳の娘の三人で出かけてきました。



フィールドミュージアム SA・NU・KI 2013

←ベビーカーでつまらなさそうな娘…。

細い道が多いとの話を聞き、コンパクトなベビーカーで出かけました。
(押しているのは、私の母)
荷物、たいへん多し…
一眼レフカメラも無理矢理持参しています。














バッド(下向き矢印)主な会場になる、讃州井筒屋敷
井筒屋敷

2013IMG_7488.jpg江戸時代築の商家の井筒屋敷ですが、現在はホールもある複合施設になっています。
今回の参加作家さんの半数近くが、この会場内の各所に作品展示をされています。

広場もあり、とても快適な空間です。
井筒屋敷母屋では『素材と形展』というタイトルで、磁や木、ガラス、鉄、樹脂などさまざまな素材を扱う作家さんの作品を、古い屋敷の各所に展示しています。

古い座敷や日本庭園に置かれた作品の数々は、不思議としっくりなじんで見応えのあるものでした。

井筒屋敷 庭日本庭園の作品

2013IMG_7508.jpg
←そして、不思議そうに
屋敷のあちこちをチェックする娘…。


















古い町並みの方では、元お醤油屋さんや古い病院、といった風情ある古い建物の各所で、作家さんたちが作品展示をされていました。



バッド(下向き矢印)このフラッグや看板が、会場の目印です。
フラッグ目印
煙突広場『煙突広場』では、彫刻、布バッグ、絵画の作家さんの展示です。

煙突
名前の通り、煙突が目印です。

















バッド(下向き矢印)『旧松村医院・松村邸』で展示の革の藤本さん。
藤本さん

バッド(下向き矢印)こちら『長崎邸』のガラスの田井さん。
田井さん

年の近い作家さんたちとお話すると、やっぱり楽しくていい刺激になります。
皆さん、ありがとうございました。


フィールドミュージアム SA・NU・KI 2013本当にあっという間のひとときでした。
お昼前に会場についたのですが、お昼を食べてあちこち迷いながらウロウロしたら、すぐ夕方でしたよ〜。ふらふら
頑張って、全部会場をまわったつもりだったのですが、行き損ねた会場があったと帰ってから知ってしまった〜〜と思いました。
時間配分を考えながら、回った方がいいかもしれませんね。
久しぶりに、こういったイベントを楽しめて良かったです。明日までとなっておりますので、ぜひ皆さんお越し下さいね。ムード

いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->