2009年06月03日

■今年の漆の苗、今の様子。

こんにちは、弟子の芝吹です。
工房に通う道の途中に亀がたくさんいるため池があるのですが、大きい亀の背中にちょこんと小亀が乗り甲羅干しをしているのを見かけました。


さて、3/20に蒔いて4/16に発芽した漆の種のその後の様子です。

バッド(下向き矢印)浄法寺ベース(浄法寺の木にできた種)はどんどん成長して本葉の次の葉も出てきました。
P1050611.jpg


バッド(下向き矢印)葉が重なってきました。
P1050611.jpg

もう少ししたら個々に植え替えたほうが日のあたりが良さそうです。


いまだ芽のでない阿波ベース(阿波の木にできた種)は、、、残念なことにおそらくもう芽は出ませんふらふら  種を1つ掘り出してみたら、腐っていました。悲しいですが失敗に終わりましたもうやだ〜(悲しい顔) 浄法寺ベースをなんとか育てたいと思います。

ありがとうございました。

* * * * * * * *

宮崎です。
あれ〜っ、やっぱりまだ阿波ベースの種は沈黙していますか…。私としては、もう少し待ってみたい気持ちはあります。

さてさて、これらの苗木の種は、工房の庭のウルシの木に自然交配でできたものです。工房には、浄法寺、阿波、新潟、北海道、高知の木が育っています。
自然交配なので、阿波ベースはそれ以外の浄法寺、新潟、北海道、高知どれかが父親で、浄法寺も自身以外のどれかが父親となっています。
うまく育っても、将来どんな木になるのか分からないのが楽しみなんですよ。



posted by 宮崎佐和子 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) |   弟子の日記

2009年05月28日

■帯留の裏を中塗りしています。

こんにちは、弟子の芝吹です。
近所の中学校が運動会の練習をしています。音楽と先生の拡声器が聞こえてきて、自分が子供の頃とさほどかわらない雰囲気なのが、おもしろいなと思います。

さて、最近の作業は、帯留めの裏の中塗りをしました。

バッド(下向き矢印)塗って、湿し室入れてから3日後の様子です。
P1050594.jpg


バッド(下向き矢印)大体乾きましたが、左手前の一部だけ乾いていません。
P1050595.jpg

このまま湿し室に入れて様子を見ています。一週間はここに入れているのですが、なかなか乾き切りません。ここで乾いてないと塗り直しかなあ。

手作り「つく棒」の調子はまあまあ(?)という感じでした。もっとたくさん使うと、改良点ひらめきも見えてくると思います。

ありがとうございました。

* * * * * * * *

宮崎です。
彼女が中塗りしているのは、この梅の花の帯留木地ですね。^^
こうした数センチサイズの小さいものを塗るには、専用の小さなつく棒を用意すると便利です。もちろん、手で持って塗れないことはないかもしれないんですが、つく棒にちゃんとセットしておくと、バランスを見ながら際までキッチリ塗ることができます。
一部分、乾かないところがあるみたいなんですけど、塗り直しの前に「じか室」してみてもいいかもしれませんね。(※じか室…塗面の上に、湿った布等を直接置くこと)

さて、今日は気温があまり上がらない涼しい一日でした。そろそろ梅雨らしい雨空になってほしいと思うこの昨今です。


いつも楽しみにしてます→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) |   弟子の日記

2009年05月25日

■香川県森林センターの漆の木を見に行きました。

こんにちは、弟子の芝吹です。
香川県森林センターへ漆の木を見に行ってきました。そこには阿波漆の木が植えてあります。3年前に草刈りで一度訪れたことがあるのですが、そのときはまだ苗木程度だったのが大きく成長していてびっくりしました。

バッド(下向き矢印)大きく成長しています。

P1050585.jpg


漆の木だけでなく草も元気に育ってぼうぼうでしたあせあせ(飛び散る汗)

バッド(下向き矢印)葉っぱが生い茂っています。

P1050589.jpg



バッド(下向き矢印)阿波の幹です。大きいのは直径12センチ程ありました。どんな漆がでるかな?

P1050591.jpg



ここの隣には茨城や北海道、吉野など各地の漆の木もありました。成長スピードに違いがあったりと各木々の特徴がどんなものかこれからもっと見ていきたいと思います。たまには草刈りしてあげなくちゃなあ・・たらーっ(汗)

今回もありがとうございました。

* * * * * * * *

宮崎です。
「3年前に草刈り」とは、この時のことですね。
    ↓
※漆の森つくり現地見学会・下草刈りに参加しました。

ここは平成15年の3月、香川県森林センターで、香川県や漆器組合が、漆の森つくり事業を行った時に作った漆畑です。うちの工房からも、いろいろ漆の苗がこの畑にお嫁入りしているんですよ。^^
あれからもう3年も経つんですね〜。
しばらく見なかったのですが、こんなに大きくなっていてビックリです。もう、漆を掻いてもおかしくないくらいです。
そして、草刈りをした当時、研究生1年生だった芝吹も来てくれていたとは。(…改めて写真をよく見ると、青つなぎを着た子がいますね!?)
この時、この事業に関わった人たちは、何かと忙しく過ごしていますが、植えた苗木たちは静かな場所ですくすくと大きくなっているのですね。
これからも見守って行きたいと思います。ムード


posted by 宮崎佐和子 at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) |   弟子の日記

2009年05月22日

■制作中の帯留の木地を三つ、お見せします。

こんにちは、弟子の芝吹です。
香川県では麦の収穫が始まっています。麦の穂の形はとても魅力的で、麦畑を見ながら自転車をこいでいます。

さて、最近の作業は帯留めを作っています。
3つご紹介します。

バッド(下向き矢印)
うぐいす.jpg


バッド(下向き矢印)
たけのこ.jpg


バッド(下向き矢印)紅葉
もみじ.jpg


3つとも木地固めした後です。
帯留めの本を見本にして彫っているのですが、彫金や象牙など木以外の素材のものも木彫におこしています。細かいところは、ちょっと刃を入れすぎるとぽろっと欠けてしまいますあせあせ(飛び散る汗) まだまだですが、どんどん彫ります手(グー)

ありがとうございました。

* * * * * * * *

宮崎です。
先日、彼女が作っていたつく棒は、こうした数センチ足らずの小さな木地をきれいに塗るために作ったものなのですね。
さて、これらの木地たちは、骨董の帯留のデザインを起こして模刻をしています。こうした先人たちの力作をできるだけ忠実にあらわすのは、大変な勉強になるんですよ。
漆を一度でも施すと、木地に陰影が加わって、雰囲気が出て来ますね。

さてさて、松本の帯状疱疹ですが、飲み薬が効いたのか、今日はだいぶ調子がよくなっていましたよ。ホッ。(ただ薬代が高くてビックリ。診察代とは別に薬代だけで7千円以上かかりましたがく〜(落胆した顔) ←もちろん健康保険使ってですよ〜びっくりら)
何はともあれ、はやく良くなってほしいです。


ぽちっとおねがいです^^→  人気blogランキング
にほんブログ村

posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) |   弟子の日記

2009年05月19日

■つく棒を作りました。

こんにちは、弟子の芝吹です。
つく棒を作りました。つく棒とは塗ったり彫ったりするときの補助棒なのですが、今回は帯留めの塗り用です。


帯留めをむろで乾かすときに必要な小さなつく棒と、手に持って作業するときのつく棒の2種類作りました。
バッド(下向き矢印)高さ5センチ程の小さなつく棒です。

小さなつく棒

棒の上に帯留めをつけます。


バッド(下向き矢印)手に持って作業するときのつく棒です。上の小さなつく棒をセットして使えるようにしました。

P1050479.jpg


バッド(下向き矢印)セットしたところ。

セット.jpg


バッド(下向き矢印)持つとこんな感じです。

手に持つ.jpg


使い心地はどうなるでしょうかexclamation&question 使う様子をご報告したいと思います。
ありがとうございました。


* * * * * * * *

宮崎です。
あれっ、いつの間にこんなものを作っていたのでしょう??
とっても便利そうなので、私にも作っておいてほしいです。笑
使い方が分からない方には「いったいどうやって使うものなんだろう?」という不思議な形状の道具に見えると思います。でも、こうしたちょっとした道具を仕事に合せて用意することで、うんと作業環境が良くなります。

さて、私と弟子は漆かぶれ、松本は帯状疱疹で苦しんでいます。ふらふら
帯状疱疹、私も以前なりましたが、とても痛くて苦しかったなあ…。体力が落ちている時に発症しやすいので、皆さんも気をつけて下さいね。


今日もぜひぽちっと→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:55| Comment(7) | TrackBack(0) |   弟子の日記

2009年05月16日

■発芽した漆の苗の様子です。

こんばんは、弟子の芝吹です。

3/20に蒔いて4/16に発芽した漆の種のその後の様子です。(そして4/26はこうでした

バッド(下向き矢印)浄法寺ベースは順調に発芽し、本葉も育っています。

本葉

バッド(下向き矢印)たくさん出ています。

浄法寺ベース



なかなか芽のでない阿波ベースの方はというと、、、引き続き全く何の変化も見られませんたらーっ(汗) うーむ、、、これはいよいよ失敗の可能性が高くなってきましたがく〜(落胆した顔) 
気長に待っているのですが、もう出でこないのかなあ。

今回もありがとうございました。

* * * * * * * *

宮崎です。
5月も中旬になって、むぎ君が大股開きで倒れるようになりましたが、作業部屋も季節が進んで変化が現れました。
いつの間にか、弟子の「衣替え」がすんでおります。

3月→ → →5月
no-title5_16_desi_.jpg

いつの間にかバタコさん(←東京のさるお方が命名)から、軽装になっておりました…。
少し前まで、けっこうな夏日が続いたのですが、作業着スタイルがなかなか変わらなかったので「彼女がいつまで青つなぎを着ているか」と、松本と賭けていたんです。(あっ冗談です。でもしょっちゅう話題にはしていました♪)
でも、そのままということはさすがになく、やっぱり春夏バージョンが準備されていましたよ…ホッ。

さて、なかなか発芽しない阿波ベースの種ですが、松本は「温度が足りないんじゃないの?」と言っています。
まだ、あきらめてはいないので、気にせず様子を見守ろうと思っています。^^


ぜひ、ぽちっと!→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) |   弟子の日記

2009年05月13日

■近江八幡の会場下見に行ってきました。

こんにちは、弟子の芝吹です。
5/9に滋賀県の近江八幡に行ってきました。
私は、8/20〜23に近江八幡にあるボーダレスアートギャラリーNO-MAで開かれる『同時代』展に参加することとなり、その下見をしてきました。


会場は昔の民家を改装した所で、見た目は人の家です。
バッド(下向き矢印)お庭からの様子です。この家で開かれます。

NO-MA.jpg


近江八幡は古い町並みが残っているところがあり、ここもそのなかにありました。せっかくなので会場だけでなく、町もぶらりと散策しました。
お堀があり、船がいました。観光地ですが、今日は少なめということでした。。GW明けすぐの週末だからかな?

バッド(下向き矢印)お堀の様子。橋の下からとりました。

ほり.jpg

バッド(下向き矢印)船でお堀巡り?

ふね.jpg



このあと八幡さんの山登りをして、”たねや”さんをのぞいて帰りました。往復移動時間10時間たらーっ(汗)ほとんど電車の中でしたがちょっとした旅行気分を味わえました。
ありがとうございました。

* * * * * * * *

宮崎です。
彼女は、大学時代の知人を通してこの企画のお誘いを受けたそうで… この春に「この企画に参加したい」と相談してきました。
違う分野の作り手さんとのグループ展なんですが、なかなか斬新な企画でしたよ?
どんな作品展になるのでしょう… 楽しみです。^^


きょうもぽちっと☆→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 21:53| Comment(2) | TrackBack(1) |   弟子の日記

2009年05月07日

■漆刷毛を作っています。2

こんにちは、弟子の芝吹です。
前回の刷毛の続きです。

切断した刷毛の周りの木を剥いでいるので、新たに板を貼付けます。板はへらを作る用の檜の板を使用しました。半通し(刷毛の半分まで毛が入っている)に作り変えるので、刷毛の後ろに注ぐ部分も同じ板を削って作りました。

バッド(下向き矢印)接着前の様子

5いた.jpg



刷毛に檜を使用する理由を尋ねた所、「檜でなければならない理由は特に見当たらない。昔は目の通った良い材が手に入ったし、柔らかく加工しやすく見た目もきれいな白木なので、使っていたのだろう。」ということで、後ろの継ぐ部分を漆の木にしたものも作りました。側面は檜です。

6漆板.jpg


2寸程の大きな刷毛から6本とりました。
これを麦漆で接着しました。麦漆は、小麦粉と漆とこくそ綿という繊維くず綿を混ぜて、ペースト状にした接着剤です。厚みを持って乾くので、多少の隙間も埋まります。

バッド(下向き矢印)貼り付け面両面に塗り、貼付けたらしっかり固定します。

7貼付け.jpg

麦漆は乾くのに時間がかかるので、このまま1ヶ月程おいておきます。


乾いた後に、持ち手に摺りをしたり、布を貼ったり、刷毛の毛を切り出して糊をほぐしたり、と使えるようになるまでにはまだかかりそうですあせあせ(飛び散る汗)
ありがとうございました。

* * * * * * * *

宮崎です。
2寸幅の全通し刷毛が、6本の半通し刷毛になりました。
この面倒くさい?作業の意味はと言うと…。
漆刷毛を使うには「手で持つ部分」が必要です。「全通しの刷毛」は、刷毛の毛が頭からお尻まで入っていても、お尻の部分は持ち手になってしまってフルに使えないことになります。
そこで、このような「半通し刷毛」といって、半分は木材で延長する刷毛に作り直してしまうのです。(最初から『半通し刷毛』として作っているものもあります)
こうすると、高価な毛の部分を活かして長い間刷毛を使えます。彼女は、こうして古くて大きい刷毛を、自分の使いやすいサイズの刷毛にカスタマイズしているんですね。^^
使っていくと、刷毛の穂先は消耗するので、タイミングを見て新しく穂先を自分で切り出していきます。

私も、漆芸研究所で刷毛を割って作り直す作業をしましたが… 作業がいっぱいあって、やっと完成した時は嬉しかったなあ。
また、そんなところまで、見てくださると幸いです。ムード


posted by 宮崎佐和子 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) |   弟子の日記

2009年05月06日

■漆刷毛を作っています。

こんにちは、弟子の芝吹です。
刷毛を作っています。作るといっても、大きな刷毛を切断して小さいのに作り替えるのです。


2寸程の幅の本通し(上から下まで毛が入っている)を横に3分割して、それを縦に3分割して、更に剥いで2枚にして一つ一つ半通し(半分まで毛が入っている)にする予定です。

1はけ.jpg


まず、側面を鉋で滑らかにします。
バッド(下向き矢印)鉋当てた後。

2側面.jpg


鉋の刃はほんの少しだけ出して薄めに削れるように設定します。人毛の逆目に気をつけて、滑らかになる方で整えます。削るときに揺らぐと滑らかにならないので、揺らがないように面をしっかり当てておきました。


バッド(下向き矢印)次に、カッターで剥ぎやすいように布の貼ってある側面の板をのみで剥ぎました。

3板はぎ.jpg



バッド(下向き矢印)カッターで半分に割りました。、、、失敗ですがく〜(落胆した顔) 人毛がぼそぼそになりました。

4はぐ.jpg

刷毛自体の糊の効きがあまく、剥ぐには向いていないようで、剥がずに進めることにしました。


今回使用した刷毛は松本さんのお父さんの購入したものだそうです。息子が使って更には赤の他人の弟子が使うことになるなんて、不思議なもんだなあと思いました。
次回も刷毛の様子です。ありがとうございました。

* * * * * * * *

宮崎です。
この刷毛は、当時、道具オタクだった松本の父が買い集めたものの一つで、幅2寸(約6センチ強)とやや幅広なので、座卓の塗り用として求めたのだと思います。(当時、香川県は漆の座卓の産出が日本一だった時期がありました)
漆刷毛は、毛が切れて漆液のなかにゴミとして混じらないよう、女性の髪の毛を一本まるまる途中で切ることなく、まっすぐ通したものを作ります。その髪の毛は糊漆でしっかり固めていて、刷毛の穂先を持ち主が仕事に合せて長さや角度が自由に砥石や刃物でキリッと作れるようになっています。
割ってみるとこの刷毛は糊漆があまかったんですが、残念ですね。
さてさて、この刷毛は、うつわや小物を作るには大きすぎるので、切ったり割ったりして色んな幅や厚みの刷毛を作ることにしたのですね。^^ (手間がかかるんですが、そんなことができます!)
また、経過をお報せしますので、どうぞ見てくださると幸いです。ムード


posted by 宮崎佐和子 at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) |   弟子の日記

2009年04月30日

■梅の帯留の木地です。

こんにちは、弟子の芝吹です。
自分の刃物のメンテですが、一通りの研ぎが終了しました。今は帯留めの彫りを進めています。

バッド(下向き矢印)前も梅モチーフでしたが、今回もモチーフは梅です。

1,透かし梅.jpg


今回の梅は細かい彫りです。
バッド(下向き矢印)上と下で分けて、上側は電動糸鋸とルーターと手により透かしてから彫りました。

2,透かし梅.jpg



前よりもはるかに難しく、苦戦中です。なかなか5個彫り上げられないので、いったん休止にして他を彫り始めました。どしどし彫って、再挑戦ですダッシュ(走り出すさま)

今回もありがとうございました。

* * * * * * * *

宮崎です。世間さまはゴールデンウィークなんですね。
工房はふだんの日と変わらず仕事をしています。あせあせ(飛び散る汗)
さてさて、いま芝吹が彫っている木地は径が約5センチ弱の大きさなんですが、難儀しています。;;
彫っている最中、たまに小さな部分が欠けたりしてそのたびに「ウッ」とか言っていますよ〜。
でも、手がかかっているぶん、見ごたえのあるものになりそうで、楽しみにしています。iモード



まいにち励みにしてます →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) |   弟子の日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->